《封印の真言》

封印(ふういん)真言(しんごん)

永続魔法
フィールド上に表側表示で存在する「封印獣」と名のついた
効果モンスターの効果を発動する事ができる。

漫画版GXで登場した永続魔法カード。封印獣の効果を解禁する効果を持つ。
封印獣は自身の効果外テキストにより、このカードの存在を条件に効果を発動するようになっているため、このカードのテキストは実質的に飾りである(例えばこのカードの効果を無効にされても、フィールドに存在するため封印獣側の処理でモンスター効果を使用可能)。

【封印獣】においては必須以前にないとデッキが成立しない不可欠カードであり、いかに早くこのカードを手札に引きこむかが勝負となる。専用のサーチャーである《封印獣イヌン》《苦痛のマントラ》《獣に隠された真言》、除去を防ぐ《古文書の結界》や《The despair URANUS》と合わせ、早めに引き込みつつ、発動後は可能な限り長く維持しておきたい。

なお、永続魔法であるため、意味があるかどうかは別として真竜皇のリリースに使用可能。

  • 原作・アニメにおいて―
漫画版GXのアモン・ガラムが使用する【封印獣】のキーカード。
劇中2度の対戦においては、「三沢&明日香VSヨハン&アモン」戦では《苦痛のマントラ》、「十代VSアモン」では《獣に隠された真言》によって手札に加えられている。また後者では最終的に二枚発動され、《The despair URANUS》の攻撃力アップに貢献している

なお、「十代VSアモン」では最初に発動した1枚が《M・HERO アシッド》の効果で破壊され、返しのターンで《封印獣イヌン》によってサーチされた2枚目を発動しているため、デッキ内の3枚全てが発動されたことになる。