《異次元格納庫》

異次元格納庫(いじげんかくのうこ)

永続魔法
1ターンに1度、デッキからレベル4以下のユニオンモンスターを
3体までゲームから除外する事ができる。
自分フィールド上にモンスターが召喚・特殊召喚に成功した時、そのモンスターが
このカードの効果でゲームから除外したユニオンモンスターの効果テキストに記されている場合、
この効果でゲームから除外したユニオンモンスターを特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚したユニオンモンスターは攻撃できず、リリースする事はできない。


アニメGX111話に登場した永続魔法。

デッキからユニオンモンスターを除外し、ユニオンモンスターと該当するモンスターの召喚・特殊召喚した時に誘発効果が発動する。

最初の効果はデッキ圧縮のためにユニオンモンスターを一時的に除外し、最終的には融合モンスターを特殊召喚を繋げられる。そのために、このカードをフィールドから離れないよう注意が必要。

ユニオンモンスターと該当するモンスターに関しては、《X-ヘッド・キャノン》や《闇魔界の騎士 ダークソード》はリクルートできないが、《愚かな埋葬》で墓地に送って蘇生すれば1ターンで複数のユニオンモンスターを特殊召喚が狙える。
《ソイツ》はレベル3に対し、《アイツ》と《コイツ》は上級モンスターでリリースが必要だが、《コイツ》や《ドイツ》を複数枚ゲームから除外し、《アイツ》もしくは《ソイツ》を特殊召喚し《地獄の暴走召喚》を発動する事で、《コイツ》や《ドイツ》を特殊召喚し装備カードとなって該当するモンスターに装備すると圧倒的に有利となる。

このカードの欠点は、破壊やバウンス等の効果でフィールドから離れたら効果がリセットされ、もう一度発動するとゲームから除外したユニオンモンスターは誘発効果が発動できない。
このカードを発動したターン内でユニオンの合体形態となる融合モンスターの素材を揃いさせなければならない。
また、《メタル化寄生生物-ルナタイト》と《メタル化寄生生物-ソルタイト》はこのカードの効果でゲームから除外できるが、該当するモンスターカード名はいないため特殊召喚できない。

このカードがOCG化すると、墓地のユニオンモンスターをゲームから除外し《異次元からの帰還》で大量展開するより、この効果テキストのまま採用されると万能性が高くなる。

  • 原作・アニメにおいて―
アニメGXの「万丈目vsアモン」戦において万丈目が使用。
デッキから《W-ウィング・カタパルト》《Y-ドラゴン・ヘッド》《Z-メタル・キャタピラー》をゲームから除外し、《V-タイガー・ジェット》を召喚に対し《W-ウィング・カタパルト》を特殊召喚する事で、《VW-タイガー・カタパルト》を合体召喚した。
その後、《VW-タイガー・カタパルト》の効果のコストで《X-ヘッド・キャノン》を墓地に捨て、《早すぎた埋葬》で《X-ヘッド・キャノン》を特殊召喚に対し《Y-ドラゴン・ヘッド》《Z-メタル・キャタピラー》を特殊召喚し《XYZ-ドラゴン・キャノン》を合体召喚した。
メインフェイズ2に《VW-タイガー・カタパルト》と《XYZ-ドラゴン・キャノン》を合体し、《VWXYZ-ドラゴン・カタパルト・キャノン》へと合体召喚を行った。