《ストライクロイド》

《ストライクロイド》

効果モンスター
レベル4/地属性/機械族/攻撃力1600/守備力400
このカードが戦闘によって破壊された時、
800ライフポイントを払う事でこのカードを手札に戻す事ができる。

遊☆戯☆王GX第3巻、「GX―25 万丈目vs翔!!」で登場した機械族の下級モンスター。
戦闘破壊されたとき、800ライフをコストに自身をサルベージする誘発効果を持つ。

準アタッカー程度の攻撃力を持ち、ライフを支払い続けることができればモンスターが出せない状況を回避できる。自身の効果は 《ソリッドロイドα》 と相性が良く、気兼ねなくこのカードを様子見や壁として召喚しておくことができる。守備力が低いので表示形式の変更に弱いが、それも自身の効果により若干のカバーがされている。ただし、効果破壊には対応していない。

“墓地へ送られたとき~”が明記されていない。除外されても効果が発動できれば中々の効果だ。

  • 原作・アニメにおいて―
漫画版GX における「万丈目vs翔」において、翔が使用。1ターン目に召喚され、万丈目の 《ライト・リンドブルム》 に戦闘破壊されるが、自身の効果によって手札に戻る。
その後、 《ステルスロイド》 《ターボロイド》 と共に手札から墓地に送られ 《ソリッドロイドα》 、墓地から除外され 《ソリッドロイドβ》 となり、万丈目の高レベルドラゴン達と互角に渡り合った。
ラストターンは 《次元融合》 によりフィールド上に特殊召喚され、 《ソリッドロイドγ》 の特殊召喚のために再び除外された。