《ドレイン・タイム》

《ドレイン・タイム》

通常魔法
自分フィールド上に「D-HERO Bloo-D」が
表側表示で存在する場合に発動する事ができる。
自分はドローフェイズ、スタンバイフェイズ、メインフェイズ、
バトルフェイズ、エンドフェイズのいずれか1つを選択する。
お互いのプレイヤーは選択したフェイズを1度ずつスキップする。

遊☆戯☆王GX 第98話「ついに発動!究極のDのカード」で登場した通常魔法カード。
《D-HERO Bloo-D》 がフィールド上に存在するときに発動でき、任意のフェイズをスキップする効果を持っている。

スキップするフェイズを1枚のカードで使い分ける事ができるので、ドローフェイズなら 《刻の封印》
スタンバイフェイズなら 《ソロモンの律法書》 、メインフェイズ1なら 《タイム・イーター》 、バトルフェイズなら 《威嚇する咆哮》
メインフェイズ2なら 《端末世界》 の上位互換である。


ドローフェイズを選択する場合、新たにカードをドローできなくなるため、相手の展開を遅延させる事ができる。

スタンバイフェイズを選択する場合、 《黄泉ガエル》 などの効果や、 《D-HERO デビルガイ》 で除外したモンスターの
帰還を抑止でき、 《ジェノサイドキングデーモン》 などのコストを無視する事もできる。
しかし、 D-HERO の多くはスタンバイフェイズに効果を発動するものが多いので注意が必要だ。

メインフェイズ1、2を選択する場合、相手の展開を抑止するだけでなく、カードのセットもさせないため、防衛手段を
薄くできるので、優勢時には追撃を行えるだろう。

バトルフェイズを選択する場合、劣勢時のライフや、モンスターを守りその後の反撃に向けての足掛りにできるだろう。

エンドフェイズをスキップすることもできるが、OCGでは単なる遅延行為になってしまう。


  • 原作・アニメにおいて―
アニメ版遊戯王GX「D.Dvsエド・フェニックス」にて世界チャンプのD.Dが使用。
その後はエド・フェニックスの下に 《D-HERO Bloo-D》 と共に渡り使用される事となる。
(あの船内火災の中よく回収できたものだが)

決闘の4ターン目に発動され、 《幽獄の時計塔》 の効果を抑止するためにスタンバイフェイズを選択したため、
時計塔が凍り付く演出がなされた。

アニメGX第3期の「エド・フェニックスvsアモン・ガラム」ではエドが使用。、 《究極封印神エクゾディオス》 による特殊勝利を抑止するためにバトルフェイズが選択された。