《波動の壁-ウェーブ・ウォール》

波動(はどう)(かべ)-ウェーブ・ウォール》

効果モンスター
レベル4/地属性/岩石族/攻撃力0/守備力2000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手モンスター1体の攻撃を無効にできる。
この効果は自分フィールド上に存在する
シンクロモンスターの数まで1ターンに使用できる。


相手モンスターの攻撃を無効化する効果を持つ効果モンスター。

簡単に言うとシンクロモンスターの数だけ相手モンスターの攻撃を無効にする効果を持つモンスターという事になる。

基本的に高い戦闘能力を持つシンクロモンスターがいるのにやられる事が前提とされているこのカードを投入するのは正直微妙だろう。

わざわざ攻撃を無効にするこのカードを用意するよりかは、《炸裂装甲》やら《次元幽閉》やらで対処してしまった方が良いと思われ、
攻撃を無効にする目的ならば、《魔法の筒》や《くず鉄のかかし》を使えば良いだろう。

そこでこのカードを投入する利点としては連続シンクロの際の防御役か。
例えば攻撃力2400の《TG-ハイパー・ライブラリアン》がいる状態で、次のターンに確実に《TG-ハルバード・キャノン》や《シューティング・クェーサー・ドラゴン》
を出そうと思った時、このカードがいれば、攻撃を防ぎつつ、次のターンでこのカードをシンクロ素材としてシンクロモンスターを特殊召喚するなんて言った技は可能。

攻撃力が0で守備力2000のモンスターであるため攻撃表示で召喚すると的になりがちだが、効果によって攻撃は防げる上、壁役くらいにはなるので、腐りにくい事は評価できるだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
アニメ5D'sの「遊星vsホセ」において遊星が使用。
1ターン目に守備表示で召喚され、《ブラックフェザー・ドラゴン》がいる事により《機皇帝グランエル∞》の攻撃を無効化した。
次のターンに《モノ・シンクロン》(アニメ仕様)の効果でレベルが1となり、《フォーミュラ・シンクロン》のシンクロ素材となった。