《ガトリング・オーガ》

《ガトリング・オーガ》

効果モンスター 
レベル3/炎属性/悪魔族/攻撃力800/守備力800
自分の魔法&罠カードゾーンにセットされたカード1枚を墓地へ送って発動できる。
相手ライフに800ポイントのダメージを与える。


アニメ5D'sでロットンの使用したバーン効果を持つモンスター。セットされた魔法・罠カードを《昼夜の大火事》にするという効果だろう。

アニメでは4000ライフポイントからスタートするが、現実では8000ライフポイントからスタートするため、初ターンではライフポイントを半分にすることしかできない。
だが、そんなことをすれば手札も0、フィールドもこのカードのみなので相手にボコボコにされてしまう。

《ジェムナイト・フュージョン》や《神剣-フェニックス・ブレード》などの墓地から手札に戻せるカードと相性がいいが、ステータスが低いので、毎ターン毎ターン効果を使う事は難しく、魔法・罠カードをコストにするという効果の特性上、ロックカードとは相性が悪い。

《UFOタートル》や《リミット・リバース》には対応しているため、フィールドに出す手段は豊富だ。

  • 原作・アニメにおいて―
「ラモンvsロットン」においてロットンが使用。彼の切り札の1枚であり、先攻1ターン目に召喚され、魔法・罠カードを5枚墓地に送って遊戯王アニメ史上初先攻1ターンキルを達成した。

「遊星vsロットン」においてはロットンが再び使用。先攻1ターン目に召喚され、またしても1ターンキルを成し遂げようとしたが、《エフェクト・ヴェーラー》に邪魔をされる。
その次のターンに3200ダメージを与え、《フルアーマー・オーガ》召喚のためにリリースされた。
その後は《フルアーマー・オーガ》の効果で特殊召喚されるが、効果を発動できず、《ビッグ・キャノン・オーガ》特殊召喚のためにリリースされた。


「遊星&鬼柳vsロットン」においてもロットンが使用。先攻1ターン目に召喚され、鬼柳に4000ダメージを与え、ライフを0にしたが…。
その後は《ニトロ・ウォリアー》によって戦闘破壊された。