《速攻召喚》

速攻召喚(そっこうしょうかん)

速攻魔法
手札のモンスター1体を通常召喚する。

アニメGXで度々使われた速攻魔法。モンスター1体を通常召喚する効果を持つ。

効果そのものは《二重召喚》に似ているが、速攻魔法である点により、基本的にはこちらの方が使い勝手が良い。
こちらの方が劣る時といえば、《暗黒の侵略者》が相手フィールドにいる場合に使えなくなってしまうというものくらいだろう。

様々な使い方ができ、汎用性は高い。相手の攻撃宣言時にこのカードを使い、フィールドのモンスターをリリースし、手札のモンスターをアドバンス召喚して、
奇襲したり、自分のメインフェイズ時に使ってリリース要員・シンクロ素材・エクシーズ素材を揃えたりという使い方はもちろんできる。
ただしそのような使い方は永続罠《血の代償》でもできるため、別の使い方を挙げると…。

  • 自分のバトルフェイズ中に自分のモンスターが攻撃した後にこのカードでモンスターを召喚し、追撃する。
  • 《地砕き》などで破壊されてしまうモンスターを変える。
  • 相手のエンドフェイズ時にモンスターを通常召喚する。

などなどである。なお、通常召喚であるため《氷帝メビウス》などの帝モンスターの効果の発動や《古代の機械巨人》などの特殊召喚できないモンスターを出せる。
ただし、逆に《レアメタル・ドラゴン》や《ライトロード・ビースト ウォルフ》などのモンスターは出せない。

  • 原作・アニメにおいて-
アニメGX「十代vsカブキット」において十代が使用。
自分のバトルフェイズ中に発動し、《E・HERO バブルマン》と《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》を生け贄に捧げ、《E・HERO ネオス》を召喚した。

「十代vs明日香(2戦目)」においても十代が使用。手札から《カード・ブロッカー》を通常召喚した。
「丸藤翔vsヘルカイザー亮」では亮が使用。自分のバトルフェイズ中に発動し、《サイバー・ダーク・ホーン》を召喚し、効果を発動した。

「万丈目vsレイ」では万丈目が使用。《B-3スパイダー・ベース》を召喚し、《アサルト・キャノン・ビートル》の合体召喚への布石とした。
「万丈目vsアモン」ではアモンが使用。《雲魔物-ポイズン・クラウド》を召喚した。

「十代vsダークネス」で再び十代が使用。《C・パンテール》と《コクーン・ヴェール》のコンボで《ダークネス3》のダメージを0にした。