《時械神ミチオン》

時械神(じかいしん)ミチオン》

効果モンスター
レベル10/炎属性/天使族/攻撃力0/守備力0
このカードの効果及び戦闘による破壊を無効にする。
表側攻撃表示のこのカードのプレイヤーへの戦闘ダメージを0にする事ができる。
このカードが戦闘を行った場合、
相手のライフポイントを半分にする。
このカードが自分フィールド上に存在する場合、
自分はモンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を行えない。
自分のスタンバイフェイズにこのカードはデッキに戻る。

アーク・クレイドル編/終章で登場した炎属性・天使族の最上級モンスター。
破壊されない永続効果、コントローラーへのダメージを0にする永続効果、相手のライフポイントを半分にする誘発効果、自分のモンスターの召喚行為を封じる永続効果、スタンバイフェイズにデッキに戻る誘発効果を持つ。

時械神の中でも《時械神サンダイオン》と並んで強力極まるカードの一つであり、戦闘するだけで問答無用にライフを半分にするという屈指のバーン効果を持つ。さらにこの効果は「効果ダメージ」ではなく「コストの支払い」であり、相手プレイヤーに問答無用でコストを支払わせる、という対処のし辛い裁定となっている。

ただしこれは《神の宣告》同様、払い続けるとライフの減少は1で止まるため、このカードでゲームエンドに持ち込むことは難しい。さらに他の時械神同様の弱点として、召喚がし難いのに加えて場持ちが悪く、《くず鉄のかかし》や《つまずき》《フューチャー・ビジョン》などに引っかかって出したターンに攻撃が出来ないと無意味になる。

さらに除外・バウンスには一切耐性がないため、《次元幽閉》などが天敵となる。

  • コナミのゲーム作品において―
タッグフォースシリーズでは他の時械神共々6に収録。原作の《虚無械アイン》を再現した召喚ルール効果を内蔵し、代わりに召喚封じのデメリット効果がなくなっており、実質的に大幅に強化されている。
また《時械巫女》がサーチ効果になっているため、手札に引き込みやすく、実質的にどのデッキでも役に立つ万能カードと化している。