《罠移し》

罠移(わなうつ)し》

カウンター罠
相手が罠カードを発動した時に発動できる。
そのカードの効果を正しい対象となる別の対象に適用する。

決闘王国編で登場したカウンター罠カード。相手が発動した罠カードの効果を反射する効果を持つ。
テキストと劇中の使われ方から見れば対象を取る罠カードに対応しているらしく、現行ルールで行けば《聖なるバリア -ミラーフォース-》などの対象を取らない罠カードには使えないと思われる。

  • 原作・アニメにおいて―
決闘王国編の「闇遊戯VSペガサス」戦においてペガサスが使用。闇遊戯が発動した《六芒星の呪縛》の効果を、闇遊戯のモンスターである《デーモンの召喚》に移し変えて反撃した。
しかし、この時《六芒星の呪縛》が発動されたのは前のターンのペガサスの《ドラゴン・エッガー》の攻撃に対してであり、このカードが発動されたのは返しの闇遊戯のターンである。
当然ながら、現実どころか原作のルールでも完全にタイミングが切れており発動は不可能である。

原作のデュエルはカードゲームというよりもカードを使用したTRPGというべき、要は「 言ったもん勝ち 」のルールであったがために、こんなアバウトがまかり通っていた。