《ワイズ・コア》

《ワイズ・コア》

効果モンスター
レベル1/闇属性/機械族/攻撃力0/守備力0
このカードがカードの効果によって破壊された時、自分フィールド上のモンスターを全て破壊する。
さらに、自分の手札・デッキ・墓地から「機皇帝ワイゼル∞」「ワイゼルT」「ワイゼルA」「ワイゼルG」
「ワイゼルC」をそれぞれ1体ずつ特殊召喚する。

プラシドとアポリアが使用したカード。カード効果で破壊された時、除外ゾーン以外の全ての場所から「機皇帝ワイゼル」を特殊召喚する効果を持つ。

機皇帝ワイゼルを揃えるための発動条件は緩く、カード効果で破壊されればいいだけだが、このカードの攻撃力・守備力は共に0。
簡単に戦闘で破壊されてしまう。そのため相手のカード効果による破壊を待つだけでは、特殊召喚への道は遠い。
よって能動的にこのカードを破壊する手段を考えておく必要がある。

例えば、このカードが墓地にいる状態で、相手のエンドフェイズ時に《リミット・リバース》を発動し、自分のメインフェイズにこのカードを守備表示にし破壊したり、《サンダー・ブレイク》や《サンダー・クラッシュ》で破壊するといったものがある。

なお、強制効果なのでタイミングを逃す事がないため、とにかくカード効果で破壊する事を目指そう。

  • 原作・アニメにおいて-
「ゴーストvs牛尾」、「ゴーストvs遊星」においてゴーストが使用。「vs牛尾」ではゴーストの《スパーク・ブレイカー》で、「vs遊星」では遊星の《ワンショット・ブースター》で破壊され、効果を発動した。

「プラシドvsブルーノ」、「プラシドvsジャック」においてはプラシドが使用。「vsブルーノ」では《ツイン・ボルテックス》で、「vsジャック」では《Sp-ライトニング・ロッド》で自ら破壊し、効果を発動した。
「プラシドvsジャック」戦ではその後はルチアーノの《無限牢》の効果で魔法・罠ゾーンにセットされ、「遊星vsアポリア」で《無限牢》のもう一つの効果で手札に戻り、《機皇創世》の発動コストとなって墓地へ送られた。

「アポリアvsゾーン」ではアポリアが使用し、《カオス・ブラスト》で破壊して、効果を発動した。


  • コナミのゲーム作品において-
タッグフォース5以降にオリジナルカードとして収録されているが、こちらでは「1ターンに1度だけ、戦闘では破壊されない。」という効果があるため、積極的に壁としてセットして来る。
《カオス・ブラスト》や《ツイン・ボルテックス》を使用できる状況では攻撃表示で出してくる。

また、戦闘破壊された場合でもエンドフェイズに《リミット・リバース》で蘇生させ、自分のターンで破壊する、というかなり厄介な戦術に使われることが多い。