「《神・スライム》」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

《神・スライム》」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *《&ruby(ゴッド){神}・スライム》
  融合・効果モンスター
- レベル10/水属性/水族/攻撃力0/守備力3000
+ レベル10/水属性/水族/攻撃力3000/守備力3000
  「リバイバルスライム」+「メタル・リフレクト・スライム」
  ①:このカードは戦闘では破壊されない。
  ②:また、このカードがフィールドに存在する限り、カード名を「リバイバルスライム」として扱う。
 
 [[バトルシティ編]]で登場した融合モンスター。
 戦闘破壊耐性と、フィールドにいる限り《リバイバルスライム》として扱う永続効果を持つ。
 
 カード名指定の融合モンスターであるが、素材の片方に罠カードを指定するという極めて珍しいタイプである。この種の前例としては、使用不可カードの《髑髏の司祭ヤスシ》があるが、あちらと違い《メタル・リフレクト・スライム》は罠モンスターである。
 
 ただし、正規融合を狙う場合、手札では罠カードの《メタル・リフレクト・スライム》を素材に出来ない上、モンスターではないため《E・HERO プリズマー》にも対応していない。よって、基本的には融合素材代用モンスターを使うことになるだろう。
 
 守備力3000に加えて戦闘破壊耐性があるため、場持ちは良いが、効果による除去が氾濫する現環境では安心しきれるものではない。
-《メタル・リフレクト・スライム》に勝る点は耐性と、モンスターであるため各種蘇生に対応していることか。
+《メタル・リフレクト・スライム》に勝る点は攻撃力、耐性、モンスターであるため各種蘇生に対応していることか。
 ともにレベル10であるため、エクシーズ素材に使ってしまってもいい。
 
 ②の効果でカード名は《リバイバルスライム》として扱われるが、メリットは《ディフェンド・スライム》に対応することだけなのでありがたみが薄い。
+
 
 -原作・アニメにおいて―――
 「闇遊戯vs闇マリク」戦で闇マリクが使用。《オベリスクの巨神兵》の攻撃に対し、《融合》によって《リバイバルスライム》と《メタル・リフレクト・スライム》を素材として融合召喚した。
 
 その後《ディフェンド・スライム》の効果で《ブラック・マジシャン・ガール》の攻撃から《ボーガニアン》を守ったが、返しの闇マリクのターンに《ソウルテイカー》を発動され、原作ルールにより素材の2体に分離させられた上で《オベリスクの巨神兵》の効果のコストとなった。
 
 原作では《神・スライム》は原作効果の《メタル・リフレクト・スライム》が《オベリスクの巨神兵》の攻撃に反応して発動したことで変化した際の名称で、そこに《リバイバルスライム》の自己再生能力が追加される形だった。(この種の「能力を追加するだけの融合」は原作でも散見される)。