デルタドライビングスクール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デルタドライビングスクール(カドノ大路四条)のドライビングテクニック講習に行ってきました。

久々の教習所。

最初は路上からスタート。
路地をぐるぐる回るが、自分の悪い癖に気づく。

久々に教官と話すと楽しいですねw

そして教習所が昼休みに入り、教習コースにパイロンが並べられる。

最初は急制動。
ATのシフトを一速に固定し、アクセル全開。
おおよそ80キロ程度でフルブレーキ。

ABS効かせるの楽しいですね!
普段はあまり使う機会ありませんが、飛び出しとかだとやっぱり使います。

最近の車、恐ろしく制動距離が短い。
人間がちゃんと反応してやれば、おおよそ停まれる気がします。


そのまま、次はパイロンスラロームへ。
またATのシフトを一速に固定し、アクセルON-OFFを繰り返しつつ、60km/h以上でパイロンをくねくね通過。

普段できないことをするのは楽しいです。
自分の限界、まだまだ伸びそう。


最後はコーススラローム。
教習所の中を、最高100km/hほどで走行。
Uターンを6回繰り返し、
教習コースのS字コースをアクセル全開で通り抜け、
クランクを猛スピードで駆け抜け、
交差点をアクセル全開で右折しながら曲がる、といった
非常に貴重な体験をさせていただきました。

教習中は苦戦させられたS字、クランクですが
免許を取ってから走ってみると、存外広いことに気付きます。

教習所でタイヤを鳴らしながら走るなんて、初めてだわ。


また機会があれば教習所を走りたいですね。

なんて無茶なことをするんだ、と言われるかもしれませんが
車の限界と自分の限界を知っておくと、緊急回避のときに役立つので
普通の教習メニューに組み込んでもいいのかもしれません。

ドイツは確か、こういったことが教習メニューに普通に組み込まれていたはずです。流石アウトバーンの国。
アウトバーンも無制限区間は一部らしいですけどね。