高齢者と接して


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボランティアではないのですけど、
今年の夏は福祉的要素の強いお仕事をいくつかこなしてきます。

老人団体・身体障碍者団体に対するお仕事なのですが
(本人たちが「俺らは老人だ」って主張してるので、老人という表現を使います)

なんつーか、どう考えてもあのご老体方に関しては僕より体力も力も脳みそもあります、はい。
以前お仕事を受けた時は、あのご老体方のパワフルさに負けてしまいましたしね(苦笑

で、こっから本題。
一応僕は地元企業からの派遣ってことで
お金を貰って行く仕事なんですね。日給は伏せますが、まぁ恐ろしく良いです
対価を頂いて同行させていただくスタッフが3名います。内1名は私です。
ちなみに僕に関しては老人団体から個人名で指名を受けました。
なんか前回の評判がよかったらしいです、ありがとうございます。

で、あと6名ほどスタッフがいるのですが、その方々はボランティア。
なんというか、ボランティアの方々と拘束時間は一緒なのですが
同じ仕事をしていて、僕らだけがお金を(それも高額)もらってる状況ってのはどうなんだろうなぁ、と思います。

最も、僕らはそこまで人間が出来ていないので頂ける対価はきっちり頂いて行こうと思うのですが。
仕事として受けてるわけですし、対価を受け取らなければ責任ある仕事というのも出来ませんし。
というよりは、万が一ミス・トラブルを犯した場合「コイツら金もらえないから適当な仕事してんじゃねぇか」とか思われるのが嫌なんですけど。
最初から奉仕目的の方々はそんなこと言われないのでしょうけれど、僕らみたいに仕事目的で動いてる人間は値切られた時でさえそういったことを言われることがあります。

ただやっぱり心苦しいし・・・うーん。
まぁ、仕事と割り切ってやればいいんですけどね。

ボランティアの方々にどう思われるか・・・って考えたらちょっぴり凹みます。
別に僕らに対して何のネガティブな感情もわかないのかもしれませんけど、その辺は彼らの思考回路がわからないのでノーコメントです。うーん。

ま、僕に出来ることは依頼された仕事に対して対価以上の働きをすることだけです。