※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

"インタレストマッチにおける一括管理は、IDの統合という形で実現できる。
しかしオンライン代理店になった場合は管理方法が変わり、統合していた場合は面倒な手続きになる。

オンライン代理店になることを前提とするのであれば、今現在は別IDでそれぞれ管理することをYahooは推奨。
もし申請が通らなかった場合にIDの統合を検討する形が良い。

インタレストマッチのサブアカウントは3つまでしか作成できない。
サブアカウントを使用するには申請が必要である。その申請は電話でも申請は可能である (2010/10/04時点)

基本的に正式な代理店ではない状態での運用はYahooが”認めていない”と公言しているので、
この使い勝手になっているものと思われる。実施インタレストマッチのサブアカウントは使い物にならない。

  • オンライン代理店ではない状態
  • 代理店として動いている
  • これからオンライン代理店になる

以上の状況であるならば、それぞれの会社に対してYahooビジネスIDを取得して割り当てるのが良い。
ビジネスIDの代理取得は公式には認めていないが、良識の範囲内であるならば、黙認される状況である。

その際は、アカウント名を

「代理店名/A社」

とすることで、Yahoo側は代理店管理のA社アカウントであると認識する。
サイト情報とアカウント名が一致しているかをYahooは”確認”をする。

していない場合はペナルティもしくは停止を食らう可能性が高い。