※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは、オリオン座流星群について記述していきます。

概要

オリオン座流星群って?

オリオン座流星群は三大流星群でもなく、かつては流星数がそう多くない中規模な流星群でしたが、2005年から突然流星数が増加し、2009年では一時間当たり30~50個ほどの流星が観測されたようです。

2010年オリオン座流星群について

 今年のオリオン座流星群の極大は10月22日の1時ごろだと予想されています。日本だとピーク時に東の空に見えるオリオン座の中の双子座との境界付近が放射点となっており、今年も比較的多くの流星が流れるのではと言われていました。しかしこの時期、月が満月!…ということで、特に明るい流星でないとあまりみられないのではないかという感じです。

観測日程

 すでにオリオン座流星群の活動期に入っているので、 今日(10/18)から10/30までの月が出ている時間に行います。ただし、22~24日は満月及びその前後で観測が難しいため行いません。 詳しい時間帯は下を参照。月が一晩中見えなさそうなら中止です。
変更します。25日までは月が明るいので行いません。また、31日も観測を行います。観測時間更新済。

日の入り 18日17:22 19日17:21 20日17:19 21日17:18 22日 23日 24日
月の入り 25:30 26:25 27:20 28:15
月の出 25日 26日19:11 27日20:07 28日21:08 29日22:13 30日23:20 31日24:28
日の出 翌6:15 翌6:15 翌6:16 翌6:17 翌6:18 翌6:19

観測結果

 天候不順、FC赤道儀の故障、満月などでなかなか観測が行えず、結果的には4,5時間程度しか記録できませんでした。さらに、その記録自体も月が明るかったり、追尾できてなかったりとかなり解析が難しいものになってしまいました…(解析は今後行います)