義務教育と無償制


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

義務教育、普通教育、授業料

義務教育については、日本国憲法や教育基本法の基本事項、就学年齢などの規定のある学校教育法、学校教育法施行令・学校教育法施行規則などに規定されdている。

「義務教育」
日本国憲法に定められた義務教育は、子どもの教育を受ける権利から導かれる。義務教育の内容の「普通教育」は、すべての者に共通で、一般的基礎的な教育のこと。 
義務教育の就学義務を負っているのは「国民」いなっているが、具体的には「保護者」。
義務就学期間は学校教育法で「9年」と規定。6歳から15歳までとなっている。

「就学義務の猶予・免除(学校教育法)」
「学齢児童」または「学齢生徒」でも、病弱、発育不完全などの理由のため、就学困難と認められる者の保護者に対しては、市町村の教育委員会は、義務を猶予または免除出来る。

「就学の免除」
経済的理由によって、就学困難と思われる者は市町村は援助を与えなければならない。

{この年齢と期間の根拠は?}
{どのくらいの基準で猶予・免除出来るのは?}
{どのくらいの経済的支援を受けられるのか}