国家公務員Ⅱ種


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「受験資格」
試験実施年度の4/1現在21歳以上29歳未満の者。ただし、21歳未満の者であっても大学および短大又は高等専門学校を卒業した者および試験実施年の翌年の3月までに卒業見込の者、又は人事院がこれと同等の資格があると認める者。

「試験内容」
1次
1.教養試験(多肢選択式、公務員として必要な一般的知識、知能についての筆記試験。時事、文章理解、判断、数的推理、資料解釈。また、自然、人文、社会から選択)
2.論文試験(行政区分のみ、一般的な行政に携わる者として必要な文章による表現力、課題に関する理解力などについての短い論文)
3.専門試験(行政区分以外、記述式)
4.専門試験(多肢選択式)

3,4は各試験の区分に応じて必要な専門的知識、技術などの能力についての筆記試験。

2次
人物試験(人柄などについての個別面談)

「受験手続」
所定の申込書1部に必要事項を記入し、所定の受付期間内に所定の申込先へ出来るだけ郵送で提出する。郵送は配達記録郵便扱いにする。

「試験の区分」
行政(北海道、東北、関東甲信越、東海北陸、近畿、中国、四国、九州、沖縄)、物理、電気・電子・情報、機械、土木、建築、化学、資源工学、農学、農業土木、林学

「将来・収入性」
上級の官職に昇進する可能性も。初任給は行政職員約19万、研究職員約20万。扶養、住居、通勤、期末・勤勉手当の諸手当が支給される。

「難易度」
国家公務員Ⅰ種よりは容易。

「勤務」
1日8時間。原則、土・日曜は休み。研究職員の勤務時間については大多数の試験研究機関でフレックスタイム制が導入されている。