回線障害と問題、対策について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページは、レーザーバトラー回線障害と問題、対策についての場となっています。

レーザーバトラー内で戦闘時、敵機の頭上に接続切れマークが出るようになっています。
この時の敵機に攻撃をいくらしても撃破することはできません。
接続切れの時間が長引く場合、相手がいなくなり戦闘終了になってしまう場合が多くあります。

ケーブルを抜いてすぐに挿しなおすといった行為を回線プレイと呼んでいます。
回線プレイを行うと、他プレイヤーに非常に負担をかけたり、バグ部屋(誰もいないのに部屋が残ること)が発生したりと
他人に迷惑がかかる行為なので使用するのは絶対にやめましょう。

自分の接続状況が悪いと、相手全員がカクカク動いたり、瞬間移動したりすることもあります。
戦闘中にFキーを押すことで、ping数により、状況が確認できます。(ping数が高いほど相手の状況が悪いです)
回線問題が酷くて仕方ない時には、他に開いている窓を消す 等の方法で軽くすることが可能になり、快適なプレイが可能です。

過去の一例を上げてみます。
ある方がゲームINしたときに、全員の名前が????になり
全員の操作キャラの色が強制黒色(黒色は色がうまく受信できない時になる色です)になるという事柄がありました。
その方が掲示板での話から、「回線が悪いからこうなった」そうです。
回線の状況によっては他人のプレイにまで影響を及ぼす可能性があり得るので気をつけましょう。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|