強くなる秘訣、コツ、狙い目


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページを見ているということは、「強くなりたい」か「どうでもいい」か「見てやろう」と思っている方でしょう。
レーザーバトラーの腕がまだ無い、戦えるがもう少し見ておきたい そんな部分を上げています。

    • 基本--
まずレーザーバトラーで戦うとき、これを把握しておく必要があります。
「自分が撃てるとき、相手も撃てる」
レーザーバトラーは自分と敵の大きさが小型化を取得していない場合は同じです。
つまり、考えようによっては
「必ず相打ちに持ち込める」 ゲームでもあるわけです。
ということは、相手と近くに位置したとき、早くレーザーを撃ったほうが勝ちです。
スタート直後の1killを取得できるかが掛かっているので連打でも構いません。

    • 応用--
レーザーバトラーは復活する時、相手がすぐ撃てる位置で構えている場合があります(復活直後にすぐ倒す戦法)
落ち着いて相手の向きを見る事です。そして
どこで反射させようとしているか を見つけることです。
そしてその方向に向き、復活直後に撃つと、相打ちか運がよければ倒せてしまうこともあります。
これは相手がアイテムを持っていても同等な立場で勝負が可能なので、毎回狙って見ましょう。
相手は自分にレーザーサイトを合わせている場合がほとんどなので、成功率も高いほうです。

    • 活用--
最初の述べたように、自分が撃てるとき相手も撃てる ということです。
それを逆手に取った戦法をご紹介しましょう。
まず、壁を盾にとる方法です。
自分が壁から半分だけ本体を出して撃てる状態と、そこを倒そうとする相手が正面から撃ち合うと、
相打ちになってしまう気もします・・・が。
こちらには壁があって、
相手は自分の半分まで来ないと撃てない  のに対して、 此方は相手の端っこに当てる事ができる
つまり、此方のほうが相手に撃たれるまでに撃てる時間が長いのです。
ただし相手が接近してきたときはボムである可能性が非常に高いので、下がるほうがいいでしょう。



この相手のボムを更に利用し、壁からすぐに回り込んで、ボムを撃った直後で攻撃できない状態の相手にレーザーを当てるなど
壁を有効に利用することができます。これはサブ武器のウォールでも使える戦法です。

    • 豆知識--
話は変わり、トリプルレーザーの利点についての説明です。
トリプルレーザーは  自分が撃てて相手は撃てない位置  を攻撃することが可能です。
レーザーバトラーは0,45,90,135,180,225,270,315,360度しか狙うことができないのに対して、
トリプルはその間の25を撃つことが可能なのです。
つまりトリプル所持している間は自分が狙える位置に居る場合、相手には反撃されないのです。
これを利用して回避を行う事も可能で非常に頼りになります。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|