「EV158 玄霧藩国部隊 RP2」

雅戌 さんの発言:
「本陣の部隊が、敵陣に突入して捜索を始めるらしい」
「探しものはクーリンガンか、はたまたお宝か」
「どちらにせよ、ここが正念場なので、僕らはせめて、声を届けよう」
ウル さんの発言:
「どちらにしても、見つけて貰うことを祈るもんですな」
アポロ さんの発言:
「む、それは…たいへんですが、頑張っていただきたいです。ここから祈るくらいしかできませんが」
玄霧弦耶 さんの発言:
「そうだな。俺たちが前に出るのは最後の最後のやばいときだし」
ウル さんの発言:
「届け俺の想い! ファイトォー!」
アポロ さんの発言:
「がんばってくださいー!でも、どうか気をつけてー」
雅戌 さんの発言:
「……ここまで来るのに、悪童さんが、鷹野さんが、是空さんが、水竜が、FVBが」
越智大治郎 さんの発言:
「気をつけてー、命を大事にねー」
雅戌 さんの発言:
「皆が必死に頑張ってきてくれました。あと少しなんです、もう少しだけ、頑張りましょう!」
ウル さんの発言:
「慎重に、でも迅速に~」
玄霧弦耶 さんの発言:
「色々理由はあるけども。やっぱり熊本はみんなの思い出の地だからねぇ」
「ここで一つ、みんなの無事を祈っておこう」
ウル さんの発言:
「ですね、ここで終わらせるわけにはいかない」
「見つかれ見つかれ見つかれー!」
玄霧弦耶 さんの発言:
「あと、友人の故郷だしな。前に立てないのは悲しいが、いま立ってる人に祈りを届けても罰はあたるまいよ(祈りながら)」