91019002政策文

■治安安定への活動強化と犯罪対応について■

○はじめに
 藩国政府から、治安活動強化のお知らせです。
 玄霧藩国内の治安状態は現在でもよい状態にあるとは言えず、皆さんの暮らしに暗い陰を落としてしまっている現状について、まず深くお詫びいたします。
 この治安悪化の原因を、政府は経済基盤の喪失によるものと判断しており、新たに農産業系の振興などの経済政策も実施しておりますが、
同時に、治安改善のための活動も、強化してまいります。

○概要
 第一に、藩国部隊による治安維持活動を開始、犯罪行為の取り締まりと警戒を行い、次に、藩国警察による犯罪調査を推進していきます。
 現状、法官が活動不能状態に陥っているままですが、国情の安定を第一と考え、法官組織の腐敗以前の法制度を暫定的に適用して活動するものとします。
#基本的に、現実の日本において犯罪行為・犯罪系産業と分類される物を違法として扱うものと想定して記載していますが、
#NWにおけるかつての法律上、規制されていなかったものや扱いの違うもの(麻薬など)についてはこれを除外し、案件としては保留扱いに止める物とさせて下さい。

 そして、ISSなどによる犯罪捜査に対する協力も積極的に行なう事で、玄霧藩国内に外部からやってくる犯罪、玄霧藩国から外部へと出ていく犯罪を抑制・摘発し、皆さんがより安全な暮らしに近づけるよう活動して参ります。
 これは、近年の森国人による(という疑いの強い)犯罪が国外にて多数発生している問題など、複数国を跨いだ犯罪に対応する必要性、自国のみに留まらない犯罪対処の必要性がある、という意図の元にあるものです。

○最後に
 治安強化によって、皆さんの生活に不便な思いをさせてしまう事、そして、国から力で押さえつけられる感覚を覚えられる方も多いかと思います。
 そもそも、治安悪化の原因が経済基盤の喪失にある、という事は、即ち藩国政府の責任が重い、という事であり、皆さんにそのツケを支払わせ続けている事には変わりありません。
 幾度謝罪をしようとも、この過去は消えませんし、現実も変わりませんが、それでも、皆さんに対する政府からの謝意は、変わる事がありません。
 そして、問題解決のための活動は継続して参ります。

 藩国政府は、日々家族や隣人のために心を砕かれているさ皆さんに対し、危害を加える意思はありません。
 国内の治安が回復し、皆さんが安全に暮らせるよう、そして産業の復興にあわせて、新しい生活を手に入れられるよう、活動する事が全てです。
 皆さんのご理解とご協力をお願い致します。
 また、こちらについても広報官の方に動いていただいております。
 気になったこと等ありましたら、そちらのほうもご利用下さい。

/*/

# http://p.ag.etr.ac/cwtg.jp/bbs2/30564
# 上記の通り、広報員の派遣をしておりますので、効果の反映をお願いします。

/*/

                                  玄霧藩国藩王 玄霧弦耶
                                  玄霧藩国摂政 雅戌