『藩国内乱に対する治安出動について』


 藩国政庁です。
 この声明は、藩国内で現在発生している反乱行動に対し、藩国政府が治安出動を行う事を宣言し、その目的を明示するものとなります。


 現在、玄霧藩国内にて、国家の体制に不満を持つ反乱勢力が活動を行い、国家転覆を狙って攻撃を始めています。
 これは、より多くの人民に対する幸福の提供を義務とする藩国、そして藩国全ての民に対する、重大な裏切りであり、攻撃です。

 玄霧藩国政府は現状、皆さんに対して満足いただけるだけの幸福な環境を提供できているとはいえません。
 それは決して望ましい事ではなく、常日頃から国民の皆さんに忍耐を強いている藩国政府には、確かな責任があります。
 しかしそれは、現状に対する抵抗として国家転覆を図り、政変により国家の混乱を狙うやり方を許す理由とはなりません。
 国は永遠に責務を負い続け、私達はそれに全力を尽くす義務を持ちます。それはすなわち、主権を放棄する事とは異なるのです。
 特に、土壌汚染問題で国民の皆さんが苦しまれている機に乗じるやり方を、断じて認める事は出来ません。

 反乱勢力に対し、玄霧藩国は国軍の出撃による対処を決定しました。また、稼動開始間もない、特務警護官の投入も決定しています。
 これらを率いるのは玄霧藩国藩王である玄霧弦耶であり、自ら、援軍として活動されている特務部隊と共に反乱の鎮圧に当たります。


r:特務警護官部隊、藩国治安部隊、藩王の個人騎士団を、内乱に対する防衛に出撃させます。
#尚、シーズに対する協力体制の維持は、以前の治安活動時から持続して行われております。
#ダガーマンコールにあわせ、玄霧および個人ACEの玄霧火焔は、ダガーマンと一緒に活動するものとします。

#r:実行によるマイルの消費は、以下の通りです。
11-00235-01:久藤睦月:-3
11-00774-01:千隼:-3
11-00233-01:影法師:-3
11-00232-01:雅戌:-1

 国民の皆さんにおかれましては、反乱鎮圧までのしばしの間、どうかご忍耐いただけますよう、よろしくお願いいたします。
 土壌汚染については、ISSによる問題の根絶と解決が果たされたという情報もあります。
 しばし、お待ちください。よろしくお願いいたします。