藩国政庁より臨時放送を行います。


 近日藩国内で多発している犯罪行為に対し、政庁では臨時法案を可決し、これの解決に当たらせて頂きます。

1.現在も頻発する破壊活動・犯罪行為に関して、極めて悪質な場合を除き、最寄の交番もしくは政庁へ武装を全て受け渡し自首することで、正当防衛だったとし、罪には問いません。
  但し、法案発表後の破壊活動などに関しては、これに対し厳罰を持って対処致します。

2.自らの身を守るための自警団などの設立は、最寄の交番もしくは政府関係施設に届出を行なってください。
  この際、公的に認可された証として腕章など幾許かの支給を行ないます。また、認可された団体には活動報告義務が課せられます。
  また、この発表以降での許可を得ていない武装の所持・戦闘行為は厳罰に問われます。

3.少量ですが市街地などに街灯を設置します。夜出歩く場合は、明るい場所を通るよう心がけてください。
  その他、治安維持に関しては最寄の警察の指示を仰ぎ、それに従ってください。

4.衣・食・住の保障に関しましては、以前に行なった公共事業の発表を再度掲載しますので、そちらに従ってください。

5.その他、質問意見などは政庁までお願いします。


                                                                                07068002 政庁発行





現在我が藩国を襲っている不況に対し、政庁より臨時の公共事業を実施致します。


1.玄霧藩国ハローワークの拡張・公的運用
  藩国全体を襲っている就労環境の悪化に合わせ、玄霧藩国ハローワークの規模を大幅拡張しました。
 ※藩国政庁からの公共事業多数。好条件多数。
  就労希望者は、玄霧藩国ハローワークに登録してください。 ⇒玄霧藩国ハローワークへ
 ※食事・衣類支給あり。
  扶養対象者の申告があれば、最大で四人分までの食事が3食支給されます。申請は詳細から。
 ※希望職業についてのご相談もお受けしております。お気軽にどうぞ。


  ◎求人情報◎

①.食糧生産地及び新設の食料倉庫の規模を拡張するため、新規開拓スタッフを募集します。
  賃金及び詳細な労働条件につきましてては、玄霧藩国ハローワーク内連絡板に記載があります。
 ※作業着・作業具につきましては、藩国から貸し出しを行っています。お気軽にお申し出下さい。
 ※藩国の明日の食事を作り出すお仕事です。玄霧藩国に、あなたの力を貸してください!!

②.児童福祉施設スタッフ募集。
  新設・拡大された託児施設の職員を募集しております。
  賃金及び労働条件の詳細については、玄霧藩国ハローワーク内連絡版まで。
 ※藩国の未来を担う子供たちを守るお仕事です。玄霧藩国に、あなたの力を貸してください!!

③.医療支援スタッフ大募集!
  藩国医療チームを支援してくださるスタッフを募集しております。
 治療資格保有者専用の『メインスタッフ』、未経験者・資格なしでも登録できる『登録スタッフ』、いずれも募集中です。
  賃金及び詳細な労働条件につきましては、玄霧藩国ハローワーク内連絡板に記載があります。
 ※激務です。藩国の危機を救ってくれる方を大募集!!
 ※玄霧藩国に、あなたの力を貸してください!!
 ※猫野和錆氏の24時間医院の協力者も同時に募集しています!!



2.特別支援のお知らせ
  病気や怪我などで止むを得ず就労が出来ない方については、国から衣・食の保障が行われます。
  詳しくは、政庁左手に仮設された特別窓口までお越しの上、ご相談下さい。
  また、猫野和錆氏を中核とした医療スタッフが、病気や怪我の問題に24時間体制で対応しております。
  お困りの方は、どうぞご連絡下さい。
  ※治療費用は国が負担します。ご質問がおありでしたらTEL:●●●ー××××番まで



3.治安の悪化に伴い、労働時間中の児童を預かる託児施設が設置されました。
  保護者の就労状況や家庭環境などを所定の書類にご明記の上、政庁横の児童福祉特別課までお申し出下さい。
 ※各種相談も受け付けております。お気軽にどうぞ。
 ※各施設、数名の警備スタッフ(幻影使い級以上)が付きます。⇒詳細




 また、鍋の国との聯合を組み、協力して状態沈静に勤めさせていただきます。
 どうか皆様、今一度共に手を取り合う意味を思い出してください。



 続いて、摂政からの声明をお伝えします。



   玄霧藩国摂政、雅戌です。
  現在、玄霧藩国を覆っている情勢不安について、私及び政務者一同は、現在までに有効な対策を打てているとは言えません。
  そのことについて、皆さんご意見はあるでしょう。批判もあると思います。
  そしてそのご指摘は、決して的外れなものではなく、私達からはいくらお詫びしてもお詫びしきれるものではありません。

  それでも、皆さん。今一時で結構です。どうか、私の話をお聞き下さい。

  今回の動乱により、多くの人に不幸がありました。
  失業、怪我、中には亡くなった方もいます。非常に悲しいことであり、同時に己の力不足に胸が苦しくなります。

  ですが、だからこそ申します。私達は、ここで諦めるわけには、止まるわけにはいかないのです。
  状況が悪いのは確かです。悲しみはそこにあります。ですが、皆さんはまだ生きているのです。生きて明日を迎える義務があります!
  そして生きるためには、この状況を変えるためには、嘆くよりもまず行動に出なければなりません!

  少し前、森国人に対する差別が起こった頃の事を思い出してください。
  あの頃も、状況は悪かったといえます。特に森国人である我々玄霧藩国民は、迫害の対象でした。
  皆さんの中には、その際辛い思いをした方も多いでしょう。
  その時、問題を解決したのは何だったでしょうか。我が国のイクさんを中心とした、「あとりえめっせ~じ」を企画し、動き続けた人々です。
  彼らが諦めず止まらずにいたからこそ、森国人の差別問題は緩和されました。


  そして今も、この苦境を何とかしたいと思っている方々が集い、動いています!

  同じようなことを成し遂げた人がおり、また同じように動いてくれている人がいるのです。私達は、それに倣わなければなりません。


  ある方の使っていた古い古い言葉に、このようなものが、あります。

  『人は城、人は石垣、人は堀。情は味方、敵は仇なり』

  国を形作るのは王でも摂政でも国土でもなく、人です。
  今の玄霧藩国には人、つまり国民の皆さんの力が必要不可欠です。この苦難の時を乗り越える為にも、明日を手に入れるためにも。皆さんの力が必要なのです。

  失ったものは戻ってきません。死んだ人は帰ってきませんし、破壊されたものも、完全に元通りにはなりません。
  しかし、まだ私も、皆さんも、生きています。そして、荒れた大地に種を植え、新しい芽を育むことは出来るはずです。

  何もかもを諦める前に、手を取り合って協力して生きて行きましょう。
  悲しい、辛い、苦しい。でも、だからこそ、力をあわせましょう。
  我々の住む藩国を何とかできるのは、我々だけなのです。

  私も、政府一同も、責任逃れは致しません。この状況が片付けば、如何様な裁きでもお受けします。
  ですが、今だけは。全員で一丸となって、全力で。明日を、明後日を、そのまた先を生きるために。



  皆さん。どうか私達に、いえ玄霧藩国に、皆さんの力を貸して下さい! お願いします!


                                                                                /*/


   r:これより以下の書き込みは、国民番号登録所に国民番号を持つもの、及び玄霧藩国の公的組織員・医療ボランティアを始めとした、藩国の人々の安全を守る為に活動している人物のみ閲覧出来る。


  人々のために頑張ってくれている皆さん。この状況の中で尽力してくださって、本当に、本当にありがとうございます。
  あなた方のお陰で、国はまだ国としていられますし、沢山の人の命を守れています。
  国策の遅れのせいで、皆さんに本当に負担をかけてしまいました。大変申し訳ありません。
  そしてそんな中、更に皆さんにお願いをしてしまう事になります。無理ばかり言う雅戌を、どうか恨んで下さい。

  玄霧藩国に、めがねを掛けた、黒髪の、黄色いジャンパーを着た男がやってきます。
  そして、この国の明日のために全力を懸けてくれます。

  どうか、彼に力を貸してあげて下さい。彼は同胞です。私達の、みなさんの。
  そして、彼は優秀です。私達よりもずっと、あなた方の力を国民の皆さんの安全のために役立ててくれます。
  場合によっては、彼の服装は違うかもしれません。或いは、同じような格好をした者が複数出るかもしれません。
  その時は、彼の目を見てください。きっとそれで判ると思います。青く美しい輝きを秘めた瞳をしているのが彼です。
  
  どうか、僕達の同胞を信じてあげてください。
  彼の名は、シーズ・スターといいます。