こちらは、玄霧藩国政府です。


 件の騒動に端を発する森国人差別の風潮に対して、玄霧藩国政府からは、非常に遺憾である旨を述べさせていただきます。
 発生した事件には確かに被害があり、それによって苦しめられた人は存在します。
 事件に巻き込まれて亡くなられた方々には、心より哀悼の意を表すると共に、今尚苦しんでいる被害者の方について、我が国は出来る限りの援助をと考えております。

 ですが、与えられた危害に対して害を以って返すことがあれば、それは世界を、平和と対極の位置へと導く行いとなるでしょう。
 共和国として「共に和して」生きていく上で、我々は、差別的行動を断固として認めるわけにはいきません。

 玄霧藩国は、共和国の人種差別撤廃宣言を批准すると共に、
 宣言賛同各国に厚く感謝するものであり、同時にアイドレス界の平和のために邁進する事を誓います。

 また、あとりえ・めっせーじ(仮称)の諸活動に賛同、応援いたします。



 最後に、藩王・玄霧弦耶よりの言葉を添えさせていただきます。


「我々はなおすことに長けております。
  機械を直すのも、体を治すのも、同じ『なおす』です。
  ならば、差別を生み出すこの環境も『なおす』事ができるのでは無いでしょうか。
  少なくとも、藩王執政以下のメンバーは、それが出来ると信じております。
  我々と、共に和す仲間達が尽力しております。
  国民の皆様も、『なおす』者であることを忘れず、辛いでしょうが、今ひと時、耐えてください。
  明日はきっと今日よりも良い日であるでしょう」

                                                                                        玄霧藩国藩王 玄霧弦耶

添付ファイル