#タイトル 部隊編成チェックの段取り


#用語の定義 目的の明確化

L:部隊の定義={
 t:部隊=戦闘時、PL及びACEが行動する時のグループを数える際の単位。所属している一人の指揮官によって、まとまって行動の取れる団体、あるいは個人を指す。部隊は行為集団として扱う。

t:何故編成チェックをするのか=重編成か軽編成か,部隊に参加するPC,機体,乗り込み,消費資産を確定する

#アプローチ

t:編成チェックのアプローチ=編成チェックの作業分担をやりやすくし、作業者への負担を軽くして素人でも出来るような方法を考える

#完成形の考察

t:編成チェックの完成形=全ての部隊の重編成か軽編成か,部隊に参加するPC,機体,乗り込み,消費資産が確定している

#性能要求

L:編成チェックの性能要求{
 t:編成チェックの性能要求={
 部隊が重編成か軽編成かを確定する
 部隊に参加するPCを確定する
 PCが持ち込むアイテムを確定する。
 部隊が使用する機体を確定する
 部隊が使用する機体に乗り込むPCを確定する
 部隊が使用できる陣形、絶技を確定する
 部隊に影響を与える施設、技術を確定する
 部隊が使用する特殊を確定する
 部隊が消費する資産を確定する

#性能要求を満たすための行動、アクション

L:性能要求を満たすための行動、アクション{
  t:部隊が重編成か軽編成かを確定する=申請書類を見れば書いてある
  t:部隊に参加するPCを確定する=PCの国民番号と名前の不一致、着用アイドレスの正当性、聯合しているかどうかをチェックする
  t:PCが持ち込むアイテムを確定する=書類を見る。
  t:アイテム所持をしているか確認するには?=書類にはられているリンクを辿る
  t:アイテムの性能を確定させるには?=アイドレスwikiのデータと照合する
  t:部隊が使用する機体を確定する=書類を見て、根拠URLを確認する
  t:部隊が使用する機体に乗り込むPCを確定する=書類を見る。着用しているアイドレスと機体を照合し、搭乗/使用可能であるか確認する

t:部隊が消費する資産を確定する={
 部隊のPCの消費する食糧
 部隊の猫士/犬士の消費する食糧
 機体の消費資産
 部隊が使用する陣形、絶技、施設、技術
 部隊が使用する特殊
 部隊が使用するアイテム
}を確認する

t:アイドレスwikiのデータと照合する=HQも確認する
t:HQも確認する=HQによってどのように性能が変化しているかを確認する

L:75%ルールに関係なく、消費に影響を与えるもの{
  t:75%ルールに関係なく、消費に影響を与えるもの=側面:PC,犬士の消費する食糧
  t:75%ルールに関係なく、消費に影響を与えるもの=側面:機体の消費する資産
  t:75%ルールに関係なく、消費に影響を与えるもの=側面:陣形、絶技、技術、施設
  t:75%ルールに関係なく、消費に影響を与えるもの=側面:アイテム


L:乗り物1機ずつについて調べること{
 t:チェック項目=側面:操縦者しか持たない特殊で、75%以上と申請された特殊が本当に75%を満たしているかどうかを調べる
 t:チェック項目=側面:操縦者しか持たない特殊で、75%以下と申請された特殊が本当に75%を満たしていないかどうかを調べる
  t:参考資料=側面:職業特殊リスト
  t:参考資料=側面:乗り物特殊リスト
  t:参考資料=側面:同系統とみなされる特殊リスト
  t:参考資料=側面:75%ルールにかからない特殊リスト
  t:参考資料=人機数関連質疑リスト

L:部隊全体について調べること{
 t:チェック項目=側面:75%以上と申請された特殊が本当に75%を満たしているかどうかを調べる
 t:チェック項目=側面:75%以下と申請された特殊が本当に75%を満たしていないかどうかを調べる
  t:参考資料={
    *職業特殊リスト
    *乗り物特殊リスト
    *同系統とみなされる特殊リスト
    *75%ルールにかからない特殊リスト
    *人機数関連質疑リスト

#仕事発注 に際する留意点

t:仕事発注に関する留意点=側面:責任もってやれる人集める(ほうれんそうをしっかり出来る人、納期を守れる人)
t:仕事発注に関する留意点=側面:参考資料が読める環境にあるかどうか

#チェック項目

L:チェック項目{
 *編成されたPC、機体、アイテム、施設、技術、絶技などが正当であるか
 *消費するリソースがそれぞれ正当であるか
 *75%ルールに抵触していないか
 *特殊の使用条件は満たしているか
 *以上全て問題なければ、リソース消費量を合算して報告

/*/