医療行為


作戦


○汎用

【装備】
  • 持ち込む機材には、歩兵サイズで重量負担にならない程度に高度なものを持っていく。
  • 事前に偵察や持込み装備品について、レクチャーを受けておく。
  • 荷物はザックに入れていく。ザックは容量よりもシンプルな形状であることを優先し、角に引っかかったりしないように注意すること。防水加工もしておく。
  • ザックへ荷物を詰める際は、上部に重いもの、底部に軽いものを詰めることで、疲労を軽減することが出来る。
  • 装備品が不要な音を立てないように、音を立てそうな部分はガムテープで固定しておく。金属同士の接触などにも注意。
  • しっかりとした滑り止めが付いた靴を履くことで、スリップしたり余計な音を立てたりしない事ができる。
  • 衣類には、防寒性に優れた生地を使っておく。雅戌や如月敦子、影法師などは雪山に挑んだ経験があるので、その時の経験談を聞いて、しっかりと対策を整えてから向かう。
  • 埃などを吸い込んで咳き込んだりしないように、口と鼻は布でカバーしておく。
  • 水分補給は出来るようにしておく。
  • 事前に糖分を摂取し、脳への血の巡りをよくしておく。
  • 出撃前に弁当を食べました。満腹にならず、栄養も足りている状態とし、偵察のためのベストコンディションを確保しています。
  • 状況にあわせ、服装に迷彩となりやすい色を用いる。白と黒を使い分ければ目立ちにくい。



【情報確保】
  • 瞑想通信などでデータをやり取りし、全員が情報を共有できるようにする。無線も使えるならば積極的に使っていく。
  • 事前の偵察情報を考慮して行動する。
  • 想定される敵の予測を数パターン用意し、また想定外の敵が出た場合のマニュアルも作成する。
  • 予想される敵は、巨人(ギガンテス)・橙オーマ・航空兵力・詠唱戦使い等。
  • 予想外の敵が現れた場合、その敵の形状や配置状況から能力を推察し、行動する。また、基本的に『こちら側の出来る事は相手もできる事』だと判断する。(隠蔽だけでなく、ジャミングや高速移動など)

----

○治療

【地形】
≪全般≫

  • 傷病者は原則として動かさないが
「危険な場所(破損I=D他の内部、ガス中毒や落下物のおそれのあるところなど)」
「応急手当できない場所、安静を保てない場所(手狭なところなど)」
に傷病者が居る場合は、呼吸や顔色に気をつけ、首を曲げ伸ばしさせず、
身体をしめつけたりねじったりせず、損傷部に触れないよう、
できるだけ静かに移動させる

【装備】
  • 探索には負傷兵の治療用の医療道具、薬品等は携帯出来るだけ携帯しておく
  • 疲労を回復する栄養剤やアイシング剤などを多めに持って行く
  • 医療道具の防菌加工等は念入りにしておく。
  • 宇宙艦内においては艦電源を借用。地上においてはバッテリーを用いて機材を動かす。
  • 医療機材が完動する環境なので、サポート体制は完璧。
  • マッドサイエンティストの特殊装備をフル活用する。


【体術】
≪全般≫
  • リーダーは全体の作業の進行状況に柔軟に対応し、作業指示や移動指示を行なう。
  • 実作業では各自の判断で臨機応変に回復作業を行なう。
  • 猫野和錆は何故かやたらと医療知識に詳しい(PL的問題)ため、そのアドバイスを受けることで効果的な治療が行