防御・回避行為


作戦

○ 汎用

【装備】
  • 偵察用機材には、歩兵サイズで重量負担にならない程度に高度なものを持っていく。
  • 事前に偵察や持込み装備品について、レクチャーを受けておく。
  • 荷物はザックに入れていく。ザックは容量よりもシンプルな形状であることを優先し、角に引っかかったりしないように注意すること。防水加工もしておく。
  • ザックへ荷物を詰める際は、上部に重いもの、底部に軽いものを詰めることで、疲労を軽減することが出来る。
  • 装備品が不要な音を立てないように、音を立てそうな部分はガムテープで固定しておく。金属同士の接触などにも注意。(猫妖精の感覚で、人間の可聴域より外の音にも気をつけておく)
  • しっかりとした滑り止めが付いた靴を履くことで、スリップしたり余計な音を立てたりしない事ができる。
  • 衣類には、防寒性に優れた生地を使っておく。雅戌や如月敦子、影法師などは雪山に挑んだ経験があるので、その時の経験談を聞いて、しっかりと対策を整えてから向かう。
  • 現地の土を顔や衣服などに塗りつけるか、衣服の色をあらかじめ合わせておくことによって迷彩を行う。
  • 埃などを吸い込んで咳き込んだりしないように、口と鼻は布でカバーしておく。
  • 水分補給は出来るようにしておく。
  • 事前に糖分を摂取し、脳への血の巡りをよくしておく。
  • 出撃前に弁当を食べました。満腹にならず、栄養も足りている状態とし、偵察のためのベストコンディションを確保しています。

【情報確保】
  • 瞑想通信などでデータをやり取りし、全員が情報を共有できるようにする。無線も使えるならば積極的に使っていく。
  • 事前の偵察情報を考慮して行動する。
  • 先行して詩歌藩国での冒険に挑んだ各国に、情報を貰っておく。それらの国には聯合国も多いので、情報を貰うのは簡単でした。
  • 玄霧藩国にも古代遺跡は存在し、そこへの冒険は何度か(幻影使いアイドレスの設定文章などを参照)行われている。探索経験はあり、今回はその時の経験を活かしていく。

○ 防御

【応射による防御】
  • 敵の頭上に向けて、狙いは定まっていなくてもいいので攻撃を仕掛けることで、混乱させ、攻撃精度の低下を狙う。
  • こちらからの反撃があることを意識させ、敵を攻撃に集中させない=火力交換させる。
  • 幻影行為により、相手には幻覚を見せてある。狙いは絞らせない。囮を作り応射する時間を稼ぐと共に、防御地形を確保する。

【陣形】
  • お互いに死角をカバーしあい、側面などからの敵の攻撃に気づかないことがないようにする。
  • 常に遮蔽物から遮蔽物へ動き続け、一箇所にとどまらず、狙いを絞らせない。
【体術】
  • 逃げ込むべきポイントなどはあらかじめ頭に入れ、ルート選択などを決め終わったら、回避動作に入るときはもう何も考えずに集中して動き続ける。
  • 着弾して被害を受けているポイントを視認したら、敵の照準が次に何処へ移動するかは大体決まっている。常に2手先を予測して行動を決め、動く時は深く考えない。
  • 常に姿勢を低く保ち、次の行動に備える。次のステップに移りやすいよう、腰を落とす。
  • 本当に急がないと拙いと思ったら、1分間だけでも呼吸を止めて、全神経を回避動作に専念させ、停止しないまま移動を続ける
  • 相手が攻撃してきた際は体全体を攻撃線からはずすようにして防御する。
【装備】
  • 迷彩性の高い衣服の着用によって、狙いを絞りにくいよう工夫する。
  • 瞬間的にフラッシュを炊き、敵の視覚情報を惑わせる
  • 優しい死神の特殊により、瞬間的に隠れて気配を絶つことに長ける。熱情報なども変動するように調整し、熱感知などにもひっかからないよう注意する。
【地形】
  • 建築物や岩盤など、地形の効果を最大限利用し、サイズの大きい敵が連携を取れない位置取りを行う。
  • 遮蔽物として、曲がり角の壁や地面の起伏などをも利用する

【理力防御・理力使い専用】
  • 魔力を放出し、その反動を利用して緊急回避を行う。
  • どうしても回避できないような強力な一撃には、理力障壁を張ることでこれを防御する。
  • 理力障壁などは攻撃に対して斜めに展開する。これによって、弾の運動エネルギーなどを全て受けきらなくても避けられるよう試みる。
  • 理力障壁の展開を素早く行えるよう、補助具・焦点具などを用意しておく。
  • 魔法を分散させて当てる事で敵の動きを止める
  • 動きに緩急をつけることで、狙いをつけさせない工夫をする。

イラスト



SS


応援RP