※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2011年1月27日

第26回1回生オーケストラ(分奏)

定演が終わり、初めてのいちおけです。

最初に一人ずつ定演の感想を言ってもらいました。

やはり「緊張した」という意見が一番多かったです。
本番というのは、誰もが緊張するものです。
一方、一度きりの本番でしか味わえない楽しみもあるわけで・・・。

フィルに入ったからには、これから多くの発表の場があります。
みなさんはまさに、まだ会場に入ったばかりなのです。

さて、打ち上げに演奏する曲は覚えていますか?バッカナールですよ!

弦分奏

始まる前。
たびたび写りこんでくるね。

前半

バッカナール(中間部まで)

  • pizz.を素早く
    • 斜めにはじく
  • 早いパッセージ
    • 良い意味で「適当に」弾くことも大事
    • 一つ一つの音にとらわれすぎない


後半

バッカナール(中間部以降)

  • メロディ
    • 強弱の幅を出すこと
  • 半音3つ分の幅
    • 音程をしっかりとろう

おまけ

休憩のはずですが、みんな弾いています。休んだ方が良いよ。

S根がやってきた。戸惑う一回生たち。


サークル棟に帰ると、サン=サーンス:オルガンつきのピアノパートの人たちが練習していました。
でかい男たちが並ぶとピアノが小さく見えるね。

さて、来週はいきなり合奏です。

後期打ち上げは3月13日(日)に予定されており、あまり日がないので、ビシバシ行きます。

今日はR子さんはヴァイオリンを忘れて他の人から借りていましたが、みなさんは忘れないように!

それではまた来週!