※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ステップ4 株の買い方 その3 タイミング

さて、努力の甲斐あって良さそうな銘柄をみつけました。
では今度はどのタイミングで買うかです。

勿論買うときは株価の上昇を狙って買うわけです。
この上昇を目指す買い方には大きく分けて二通りの狙い方があります。

1)順張り

これは株価が下がってきた銘柄があるとします。
その株価が上昇トレンドに転じたときに買うというものです。

上昇トレンドに入ってから買うわけですから、暴落のリスクは比較的小さいです。
ですが、急上昇トレンドでは買えなかったり、思わぬ高値でつかまされたり、
そういうリスクが伴います。
そのため大きな勝ちを狙うには少し厳しいかもしれません。

2)逆張り

これは下降トレンドにある銘柄を敢えて買い、反発を狙うというものです。
底値をうまく拾って、できるだけ多くの上昇利ざやを得ようという買い方です。

下降トレンドで買うので、タイミングを間違えると怪我をしますw
しかし反発したときの利益は順張りより大きなものになる可能性が高いです。
初心者にはなかなか判断の難しい買い方ではあります。

ちなみに僕は初心者なのに、2)の逆張り派ですw
下降トレンドを読みきったときの快感と大きな利益は、株の醍醐味とも言えます。

また、危険ですがもうひとつの買い方もあります。

3)リバウンド厨

ストップ安や暴騰銘柄に敢えて突っ込みリバウンドを狙うというものです。
株価は5日平均に近づくという特性があるので、高確率に反発します。
しかし、2連荘、3連荘のストップ安もざらにあります。
そのときに負う傷ははかりしれないものがありますw
逆張りの発展のような買い方ですが、逆張りよりもハイリスク・ハイリターンです。