※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


一口に口臭といっても原因はさまざま

  • 虫歯が原因
  • 歯周病が原因(歯と歯茎の間を重点的に磨くべき)
  • 入れ歯が原因
  • 食生活が原因(にんにく・ニラ系料理が多い)
  • 肺が原因(喫煙・受動喫煙などで)
  • 鼻呼吸より口呼吸がメインだから(口呼吸は唾液が減り自浄作用が減る。)
  • 同じく唾液の量が少ない
  • 歯茎が原因(歯磨きで解決できます


  • (サイトで発見)口臭別に見る原因
甘酸っぱい・リンゴの腐敗臭のような臭い
糖尿病や、間違ったダイエット法をおこなっているときの臭い。

腐敗した卵の臭い
胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などのときの臭い。

ネズミ臭・カビ臭
肝機能の低下、慢性肝炎などのときの臭い。

腐敗した肉の臭い
口内炎、歯肉炎、歯周病、蓄膿症、鼻炎、扁桃腺炎、肺炎、気管支炎のときの臭い。

アンモニア臭
腎機能低下、尿毒症のときの臭い












http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1441022179
つい最近まで、自臭症だった者です。私も、あなたと非常によく似た経験をしました

朝起きた時から、夜寝るまで一日中自分に生臭い口臭を感じていたのです。

しかも、電車に乗った時、話している時、私が通り過ぎた時・・・etc。必ず周りは、鼻をすする、鼻をこする、鼻をつまむ、せき込む、顔をそらす、私と目が合う、水を飲む。など、明らかに私の口臭を感じているのだろうな、と思われる行動をとるのです。そのたびに、自分の口臭を確信し、落ち込んでいました。

しかし、私はとんでもない思い違いをしていたのです。それに気付いたのは、私の感じる私の口臭と、他人が感じる私の口臭は全く別物だということを知った時でした。あなたは、誰かに面と向かって、口臭を指摘されましたか?もし、自分で思っているだけでしたら、自分の感じる自分の口臭と、他人が感じる私の口臭は全く別物であるということをしっかりと自覚する必要があるでしょう。

自分の口臭は、常に嗅いでいるため、嗅覚がマヒして客観的に評価することは出来ないのです。仮に、口の中がすっぱい、苦い、生臭いと感じることがあってもそれが必ずしもそのまま相手が感じる口臭ではないし、相手に届くほどの口臭であるかは分からないということも覚えておく必要があると思います。

では、周りのしぐさは何なのか?という声が聞こえてきそうですが、はっきり言って周りのしぐさは、自分の口臭を測るための客観的指標にはなり得ません。なぜなら人は、案外無意識のうちに鼻をこする、すする、などといったしぐさをするものだからです。

口臭を気にすると、鼻をすする、こする、つまむ、といった人のしぐさばかりに目が行ってしまうというのは、よくあるそうです。しかし、人は、先ほども言ったように本当に無意識に鼻に手をやるものです。それに、自分の意識が鼻をこする、つまむ、といった行為に超敏感に反応しすぎているだけなのです。そこだけに意識が集中されすぎているのです。だから、人の沢山あるしぐさの中でも、それらの行為がスポットライトが当たったかのように認識されてしまうのです。

口臭(自臭症)が治った人のほとんどは、自分が治る前は、周りの人が鼻にてをやる、すする・・・などのしぐさをしていたのに、治ってからは、周りはそういう行為は全然しなくなったと言うそうです。私も自分の自臭症が治る前は、そんなの絶対うそだと思っていましたが、治った後は、本当に周りがそういうしぐさをしないのです。もうお分かりいただけたと思いますが、これは、周りがそういうしぐさをしなくなったのではありません。周りは普段通りです。自分が、口臭が治ったということで、意識が口臭に向かなくなり、人のしぐさを追うことに執着しなくなり、その結果、周りの鼻をすする、こする・・・といったしぐさを認識出来なくなっただけなのです。


あなたが自臭症かどうかということですが、口臭はいくつもの要因が重なって起こるものなので、必ずしもあなたが自臭症であるとは言い切れませんが、歯医者さんの言ってる事を信じるなら、あなたは自臭症の可能性もあり得ますね。というより、自臭症の可能性が高いのではないかと、私は思います。(あくまでも私はそう思うというだけです)

誰かに確認してもらうのがベストでしょうが、それが難しい状況のようですので、もし、金銭的に余裕があれば口臭外来に行くといいでしょう。口臭外来に行けば、専門のお医者さんが原因を詳しく分析してくれます。ただ、値段は普通に歯医者に行くよりはるかに高いです。私は、トータルで9万くらいかかりました。(ただ、それだけの価値はあったと思いました。)

それが、厳しいなら、自分で自分の臭いが気にならないように、口臭ケアをするとよいです。どういうことかというと、私が思うにあなたはドライマウスではないかと思うのです。誰かの手を借りずとも十分克服可能です。ここは、字数制限があるので、詳しい方法は、私の過去の回答を見てください。あとそれから、ほんだ歯科という歯医者のサイトの、「口臭対策室」を見てみてください。口臭治療のとても有名な先生のサイトです。きっと役に立つ情報があると思います。

私は長い間死ぬほど口臭で悩んだので、あなたの「助けてください」という気持ちが、なんだか過去の私を見ているようなのです。母に嗅いでもらって、口臭外来に行って、それで、双方の回答は、全く臭わない。臭うと感じたこともない。ということでした。死ぬほど悩んだのに・・・私の長年の苦労は何だったのか・・・。これが自臭症の姿、一例だと思います。

読み返してみると、自分本位な考えばかりをおしつけてしまって・・何か、少しでも参考になる部分があれば嬉しいです。
口臭の問題解決のヒントは案外思ってもみない所に、もしくは身近にあると思います。あなたにも、きっといい結果が訪れることを、私は陰ながら願っております。

   * グレード

   * 違反報告
   * 回答日時:2010/5/20 14:32:02







「魚の死骸のような生臭い」ニオイということですから、口臭の主成分は
ジメチルメルカプタンという硫黄系のガスの可能性が高そうですね。
歯周病で膿が出ていると、このガスが多く出てきます。
(病気でニオイがする時は、もっと変わったニオイがすることが多いので)

これは口の中~喉に住み着いている悪玉菌が、食べカスや体液を腐敗・分解してガスを放出すると出てくるガスです。

内臓の可能性も否定はできませんが、まずは口や喉からガスが出ていると思っていいと思います。
(口臭の原因の8割は口にありますから)

まずは口や喉に「化膿しているところ」がないかを、歯科医院で見てもらうと良いと思います。