鑑別重点


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

重点
  • 炭素鋼特性
    炭素含有量の増加に対し下記を誘引
    • 強度が上昇
    • 伸縮性能が低下
    • 溶接特性が低下

  • 吊下げ梯子
    構成部位最下部・降着面に対し50[cm]を確保

  • 金属拡張アンカー
    • ねじ
    • ナット
    • スプリングワッシャ
    • 板ワッシャ
    • スリーブ

  • アンカー・穿孔深度
    各規格に対し4・5.5の積算、1位を4捨5入に因る寸法を確保
    • M10:40[mm]・60[mm]
    • M12:50[mm]・70[mm]
    • M16:60[mm]・90[mm]
    • M20:80[mm]・110[mm]

  • アンカーに因る不可能な構造
    • デッキプレート
    • 発泡コンクリート
    • 厚みが十分でないコンクリート

  • コンクリート厚・穿孔深度
    コンクリート圧に対し50[m]の余剰を確保
    • 120[mm]・70[mm]
    • 150[mm]・100[mm]
    • 180[mm]・130[mm]
    • 200[mm]・150[mm]

  • 窓寸法
    • 80×50[cm]: 避難上有効 な開口部
    • 100×45[cm]: 避難上無効 な開口部

  • 緩降機
    • 調速器
      • 遠心ブレーキ式:ロープ片端に対し着用具が付加
      • つるべ式:ロープ両端に対し着用具が付加

  • 垂直式救助袋
    • 入り口金具
    • 滑降布
    • 下部出口
    • 保護マット
    • 認証票
    • 砂袋
    • 夜間の容易な視認
    • 300[g]以上の重量を確保

避難器具の設置制約
  • 病院6F
    • 収容人員
      • 従業員数
      • 病床数
      • 待合室床面積/3
    • 採択避難器具
      • 滑り台
      • 避難橋
      • 救助袋

  • ホテル7・8F
    • 構造
      下記に因り設置数が減免
      • 耐火構造
      • 複数避難階段
    • 収容人員
      • 収容客数
        • 7F:235人
        • 8F:110人
    • 採択避難器具
      • 避難梯子
      • 緩降機
      • 滑り台
      • 避難橋
      • 救助袋
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。