避難器具の展開


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

避難梯子の設置例
  • 前提条件
    • 取付具等全長:0.6[m]
    • 梯子全長:4.2[m]
    • 梯子自重:10[kg]
    • 取付具等全長を除く2[m]以内の
      有効長に対し1.95[kN]を荷重
+ ...

  • 付加荷重
    • F[ k N]:付加荷重
    • L e [m]:有効長
    • L t [m]:梯子全長
    • L i [m]:取付具等全長
    • M:所要倍数
    • m[kg]:梯子自重
    • g[m/s 2 ]:重力加速後(9.8)
      算出式:
      L=L_{t}-L_{i}
      M=ROUNDUP(L/2,0)
      F=1.95\cdot M+mg\time 10^{-3}
           \simeq4.00

救助袋の設置例
  • 前提条件
    • 荷重:5.85[kN]
    • 荷重方向:水平方向に対し70[度]下方向
    • 構成金具自重:50[kg]
+ ...

  • 付加荷重
    • F[kN]:床面への荷重
    • F l [kN]:作用方向への荷重
    • m[kg]:構成金具自重
    • g[m/s 2 ]:重力加速後(9.8)
      算出式:
      \left(sin\theta=\frac{y}{l}\right)
      F=F_{l}\cdot sin\theta+mg
           =5.85\cdot0.94+50\cdot9.8\times10^{-3}
           \simeq6.0
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。