歯科医院


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

歯科医院における避難器具設置例
  • 前提条件
    • 用途:歯科医院
    • 設置階:6F以上
    • 従業員数:14人
    • 規制対象の区画面積:45[m 2 ]
+ ...

  • 検討内容
    • 用途:防火対象物における特定用途に相当
    • 収容人数上限
      • h s :合計収容人員
      • h e :収容従業員数
      • h c :収容患者数
      • S[m 2 ]:床面積
      • k:用途・構造における係数
        算出式:
        h_{s}=h_{e}+h_{c}=h_{e}+\frac{S}{k}
              =14+\frac{45}{3}=29
    • 収容人員下限
      下記の適合に因り10人以上の収容に対し設置義務が発生
      • 用途:歯科医院
      • 構造:避難階への直通階段が単一
      • 階数:6F以上への設置
    • 避難器具の設置下限
      • 収容人員上限に対する避難器具設置単位
      • 100人迄の収容人員に対し単一避難器具を選定・設置
    • 避難器具の選定
      • 滑り台:建築物周囲環境への依存に因り敬遠
      • 避難橋:建築物周囲環境への依存に因り敬遠
      • 救助袋
    • その他規制
      階段等避難施設に対し適切な離隔距離に設置
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。