応用力学②


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

付加条件を伴う作用
  • モーメント
    回転方向への作用効力
    http://www35.atwiki.jp/kou5/pub/%83%82%81%5b%83%81%83%93%83g.png
    • M[Nm]:モーメント
    • F[N]:作用効力
    • L[m]:回転中心・作用点間の距離
      算出式:
      M=F\cdot L

  • 偶力
    • 構成要素
      下記の充足を伴う2力に因る回転方向への作用効力
      • 平行
      • 逆方向
      • 同量
    • 寸法・量
      • a[m]:距離
      • F[N]:作用効力
        算出式:
        a_{1}=a_{2}
        |F_{1}|=|-F_{2}|
+ ...

  • 荷重の分散
    • F[N]:総荷重
    • F l [N]:左部位の荷重
    • F r [N]:右部位の荷重
    • L[m]:荷重部位全長
    • L l [m]:左部位の反作用荷重
    • L r [m]:右部位の反作用荷重
      算出式:
      FL_{r}=F_{l}L
      F_{l}=\frac{FL_{r}}{L}
      FL_{l}=F_{r}L
      F_{r}=\frac{FL_{l}}{L}
+ ...

3角関数
  • 直角3角形
+ ...

  • 直角2等辺3角形
+ ...
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。