金属材料


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

金属概要
  • 特性
    下記特性を具有
    • 展性
    • 延性

  • 合金
    • 形成
      下記に因り形成
      • 金属
      • 非金属
    • 特性
      • 比重・膨張係数:成分比率に対しほぼ同一
      • 融点:構成成分の平均値に対し低下
      • 鋳造:容易
      • 硬度・強度:上昇
      • 鍛造:困難
      • 防錆・耐食性能:上昇

種類
  • 炭素鋼
    炭素の混入比に因り分類
    • 低炭素鋼:0.2[%]以下
    • 中炭素鋼:0.2~0.5
    • 高炭素鋼:0.5[%]以上

  • 合金鋼
    • 混合金属
      炭素鋼に対し下記等の混合に因り形成
      • ニッケル
      • クロム
      • モリブデン
    • 合金鋼例
      • 18-8ステンレス
        下記の混合に因り形成
        • クロム18[%]
        • ニッケル8[%]
    • 特性
      下記性能が優位
      • 強度
      • 耐食性
      • 耐熱性

  • 鋳鉄
    • 炭素を2~4[%]含有
    • 特性
      • 優位な特性
        • 耐摩耗性
        • 圧縮性
      • 耐衝撃性が劣位
    • 付加特性
      焼鈍しに因り可鍛鋳鉄とし利用

  • 鋳鋼
    • 種類
      下記等に因り分類
      • 炭素鋼鋳鋼
      • 合金鋼鋳鋼
      • ステンレス鋳鋼
      • 高マンガン鋳鋼
    • 特性
      鋳鉄に対し下記性能が優位
      • 強度
      • 粘度
      • 耐摩耗性

配管材料
  • 種類
    用途に因り分類
    • SGP(JIS G 3452):配管用炭素鋼鋼管
    • STPG(JIS G 3454):圧力配管用炭素鋼鋼管
    • SGPW(JIS G 3442):水道用亜鉛メッキ鋼管

熱処理
  • 種類
熱処理表
熱処理 付加特性 処理内容
焼入れ 硬度・強度が上昇 高温に因り加熱・急冷
焼戻し 粘度が上昇 焼入れ後、再加熱・冷却
焼鈍し(やきなまし) 安定組織を形成 一定時間加熱・緩慢に冷却
焼均し(やきならし) 均等組織を形成・残留応力の除去 加熱・自然冷却
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。