防火管理


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

防火管理者
  • 防火管理者の分類
    規模・用途に因り規定
    • 甲種防火管理者
      無制約
    • 乙種防火管理者
      • 特定防火対象物
        • 延面積:300[m 2 ]
        • 収容人員:30人未満
      • 非特定防火対象物
        • 延面積:500[m 2 ]
        • 収容人員:50人未満

  • 防火対象物の分類
    防火管理者の選任における分類

  • 防火管理者の職務
    • 消防計画書の作成
    • 消防訓練の実施
    • 消防設備の点検
    • 火気使用の監督
    • 防火管理上の所要業務

共同防火管理
  • 設置対象
    管理権限の分散を伴う下記が対象
    • 高層建築物
    • 特定用途を含む複合用途防火対象物にて
      地階を除く階数が3以上、収容人員が30人以上
    • 特定用途を含まない複合用途防火対象物にて
      地階を除く階数が5以上、収容人員が50人以上
    • 準地下街
      (参考:防火管理者の設置対象外)
    • 消防長、消防署長指定の地下街

  • 届出
    • 届出時期
      • 新規設置
      • 変更
    • 手続担当者
      代表権者
    • 提出先
      • 所轄消防長
      • 消防署長

  • 協議内容
    • 共同防火管理協議会の設置・運用
    • 代表者の選出方法
    • 防火管理者の選出方法
    • 消防計画の作成
      • 消火
      • 通報
      • 避難訓練の実施
    • 避難施設の維持管理・案内
      • 避難通路
      • 避難口
      • 安全区画
      • 防炎区画他
    • 災害発生時の行動
      • 消火活動
      • 通報連絡
      • 避難誘導
    • 火災時の消防隊への提供情報
      • 消防隊の誘導
      • 防火対象物の構造
      • 他所要情報
    • 他共同防火管理の所要事項
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。