取付金具の付設③


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

固定ベース経由の取付
  • 付設における制約
    • JIS B 2803 フック・離脱防止性能を伴う
      フック等の付設に因り容易な使用を実現
    • 固定ベースの重量に対し1.5[倍]以上を確保

補強措置を伴う取付
  • 補強措置を伴う取付①
    鋼材等の相互間に柱・梁等を介在、
    ボルト・ナットに因り取付
    • JIS B 2803 フック・離脱防止性能を伴う
      フック等の付設に因り容易な使用を実現
    • 固定に対し十分な締付けに因り移動を対策

  • 補強措置を伴う取付①
    鋼鋼材等の相互間に気泡コンクリートを除く
    柱・梁等を介在、固定ベース経由に因り取付
    • 補強用鋼材等における制約
      • 3.2[mm]以上の肉厚、0.1[m]の開板に因り形鋼
      • 上記同等以上の強度を伴う材質
    • ボルトにおける制約
      • 貫通ボルトにおける制約
        引張力の作用に対し下記要素を充足
        • 2本以上に因り固定
        • 締付けにおける回転を対策
      • ボルト間隔における制約
        • 0.2[m]以上の間隔を確保
        • ボルト間の鉄筋介在に対し0.15[m]以上の間隔を確保
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。