取付金具の付設②


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主要構造部への直接取付
  • 直接取付①
    • 固定元
      • 鉄筋
      • 鉄骨
    • 取付方法
      • 溶接
      • フック
    • 固定方法
      • 複数以上のボルトに因り設備を固定
      • 鉄骨における制約
        • ボルト固定元における制約
          • 複数ボルトに因る共用の禁止
          • 径9[mm]以上、寸法0.9[m]以上を確保
        • ボルトの溶接における制約
          下記要素の充足を伴う添筋に因り付加
          • 鉄筋に同径
          • 0.3[m]以上
      • 鉄骨に対し鉄筋同等以上の強度を確保
      • ボルトのフック掛けにおける制約
        • 十分に屈曲
        • 針金等に因り緊結

  • 直接取付②
    • 取付方法
      金属拡張アンカーに因る取付
    • 構造
      増し締め可能なおねじ式に限定
    • 埋設における制約
      • 埋設深さにおける制約
        • コンクリート厚別の穿孔(せんこう)の下限を確保
        • 仕上げ部位を除き 金属アンカー口径別に埋め込み深さの下限を確保
      • 相互間隔に対し埋設深さの3.5[倍]以上を確保
      • 縁空き(へりあき)寸法に対し埋設深さの2[倍]以上を確保
    • 穴開け加工における制約
      • 口径における制約
        下記の何れかに対し同一
        • アンカーボルト
        • 金属拡張アンカー
      • ボルトの回転に因る(くさび)部位の開放開始に対し固定を伴う加工
    • 所要数における制約
      • P[kN]:アンカー別のコンクリート設計基準強度
      • F[kN]:作用応力
      • N[qty]:アンカー本数
        算出式:
        (N\geq2)
        P>\frac{F}{N}
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。