設置②


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

避難器具専用室
  • 概要
    下記の地下への設置における専用用途の
    • 避難梯子
    • 避難用タラップ
+ ...

  • 構造における制約
    付設義務・性能を充足を伴う下記に因り形成
    • 不燃材料に因り形成
    • 避難に際し支障を伴わない空間容量
    • ガラスの採択における制約
      • 網入ガラス
      • 同等以上の防火性能を伴う材質
    • 非常照明 における制約
      下記要素の充足を伴う照度
      • 用途における制約
        • 使用方法の視認
        • 操作
      • 避難遷移における制約
        • 安全
        • 円滑
    • 入口における制約
      • 防火戸に因り構成
      • 全高1.8[m]以上幅0.75[m]以上 の寸法を確保
      • 開閉における制約
      • 随時開放が可能
      • 自動的に閉鎖
    • 上昇口における制約
      • 器具取付を伴う有効寸法に対し直径0.5[m]以上の円が内接可能な寸法を確保
      • 建物外部への連絡路における制約
        直接建築物の外部への避難を伴う連絡
      • 外部への連絡における制約
        • 金属製の蓋に因り構成
        • 蝶番(ちょうつがい)等に因る片開き
        • 開放角における制約
          下記に対し何れかの角度に因り開放
          • 180[度]の開放角
          • 90[度]以上の開放角に対し操作に因り閉鎖を伴う構造を付加
        • 蓋上部に対し囲い等を付設、
          開放に支障を伴う物件の放置を対策
      • 建物内部への連絡路における制約
        • 連絡先に避難器具専用室を付設
        • 安全な外部への避難用途を併せた位置に付設
        • 避難の促進を伴う全高1.2[m]以上の手すりを付設
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。