避難用タラップ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構造
  • 概要
    • 国家検定の対象外
    • 階段・避難梯子の中間的設備

  • 構成
    • 踏み板
    • 手すり他


  • 踏み板における制約
    • 踏み面に対し20[cm]以上を確保
    • 蹴上げに対し30[cm]以下に制限

  • 踊り場における制約
    • 4[m]超のタラップ全高に対し4[m]毎に踊り場を付加
    • 踏み幅1.2[m]以上を確保

  • 手すりにおける制約
    • 手すりの高さは70[cm]以上を確保
    • すり子の間隔は18[cm]以下に制限
    • 付加における制約
      • 手すり・すり子は踏み板両側に設置
      • 60[cm]超のタラップ幅に対し中間部に追加設置
    • 手すり間の有効幅に対し50[cm]以上、60[cm]以下に制限

  • 固定式避難タラップ
    黄色部位は寸法に対し規制
+...

  • 半固定式固有の制約
    通常、収納を伴う構造に対し1動作に因り架設

材質
  • 対象
    • 踏み板
    • 手すり
    • すり子
    • 支持部

  • 材質
    • 種類
      • 鋼材
      • アルミニウム材
      • 上記同等以上の耐久性能を伴う材質
    • 耐食処理
      錆の発生を伴う材質に対し耐食処理を施工

強度
  • 耐力における制約
    下記に対し安全性を伴う強度
    • 自重
      下記が対象
      • 踏み板
      • 支持部
    • 積載荷重
    • 風圧
    • 耐震強度

  • 積載荷重
    • 踏み板
      踏み板面毎に対し650[N]の荷重への強度
    • 踊り場
      単位[m 2 ]面毎に対し3300[N]の荷重への強度

  • 固定における制約
    • 対象
      手すり
    • 固定先
      • 踏み板
      • 支持部
    • 使用における制約
      強度における安全性能の確保
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。