緩降機③


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

材料
  • 緩降機の材料における制約
緩降機材料表
構成部位 材料への制約
ロープ JIS G 3525(ワイヤロープ)への適合
耐食加工の施工
被覆 綿糸
ポリエステル
ベルト 綿糸
ポリエステル
リング
緊結金具
安全環
JIS G 3101(一般鋼材用圧延鋼材)への適合
耐食加工の施工
リベット JIS G 3104(リベット用丸鋼)への適合
耐食加工の施工

各種試験①
  • 種類
    • 強度試験
    • 降下速度試験
    • 含水降下試験
    • 繰り返し試験
    • 落下衝撃降下試験
    • 落下試験
    • 腐食試験
    • 低・高温試験

  • 試験環境における制約
    低・高温試験を除き10[℃]以上、30[℃]以下の周囲温度にて実施

  • 強度試験
    • 試験内容
      使用者の降下方向へ着用具に対し静荷重を作用
      5[min]間の継続に因り判定
      • W t :基準荷重
      • W u :最大使用荷重
        算出式:
        W_{t}=3.9\times W_{u}
    • 判定基準①
      • 対象部位
        • 調速器
        • 着用具の連結部
        • リング
        • 緊結金具
      • 正常構造の保持
        下記の発生を伴わない構造
        • 分解
        • 破損
        • 顕著な変形
    • 判定基準②
      • 対象部位
        ロープ
      • 正常構造の保持
        下記の発生を伴わない構造
        • 破断
        • 顕著な損傷
        • 緊結金具における着用具の脱落
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。