避難梯子③


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

材料
  • 材料における規格番号別の名称
JIS規格番号表
規格番号 名称
JIS F 3303 電気溶接アンカーチェーン
JIS G 3101 一般構造用圧延鋼材
JIS G 3104 リベット用圧延鋼材
JIS G 3123 磨き棒鋼
JIS G 3141 冷間圧延鋼板・鋼帯
JIS G 3201 炭素鋼鍛鋼品
JIS G 3444 一般構造用炭素鋼鋼管
JIS G 3535 航空機用ワイヤロープ
JIS G 5101 炭素鋼鋳鋼品
JIS G 5701 黒芯可鍛鋳鉄品
JIS H 4104 耐食Ar合金押出形材(おしだしかたざい)
JIS H 4104 耐食Ar合金押出形材
JIS H 4166 耐食Ar合金リベット材
JIS H 5101 黄銅鋳物

  • 梯子の材料における制約
梯子材料表
避難梯子 構成部位 JIS規格番号
JIS F
3303
JIS G JIS H
3101 3104 3123 3141 3201 3444 3535 5101 5701 4104 4166 5101
固定
立掛け
梯子
縦棒
横浅
補強材
支え材
折畳防止装置
縮てい防止装置
フック
滑車
ボルト類
ピン類
吊下げ
梯子
縦棒
突子
横浅
吊下げ金具
ボルト類
ピン類

強度
  • 縦・横棒における制約
    • 縦棒における制約
      単位縦棒毎に対し下記を荷重、永久歪の有無に因り判定
      • 吊下げ梯子固有の制約
        750[N]の引張荷重への強度
      • その他梯子への制約
        最上・下の横浅間における2[m]又は
        端数毎に対し500[N]の圧縮荷重
    • 横浅における制約
      横浅毎、中央7[cm]の部位に対し1000[N]の等分布荷重

  • 衝撃試験における強度
    • 試験内容
      • 横浅
        23[N]の回転モーメント付加に因り試験
      • 吊下げ金具
        最上・下の横浅間における2[m]又は端数毎の
        単位金具毎に対し 1500[N] の引張荷重
      • 突子
        単位突子毎に横浅方向に対し150[N]の圧縮荷重
    • 判定基準
      下記要素の有無に因り判定
      • 著しい変形
      • 亀裂
      • 破損
      • 回転:横浅固有の判定要素
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。