解散総選挙の正体

土屋たかゆき(民主党の現役都議)の内部告発



このページは、2009年解散総選挙を取り巻く日本の現状をまとめたページです。
マスコミ情報からは絶対にわからないことが多数記載されています。

<目次>

■2007年参議院選挙を振り返る


当時、安倍政権はマスコミによる数々のバッシングを受け、結果的に惨敗しました。
特に年金問題の責任を負わせられたことが大きな敗北要因です。
ところが、後にこれはマスコミによる偏向報道が行われていた事が発覚。
しかし、それすらも「報道しない自由」というマスコミ最凶の武器によって、
いまだにほとんどの国民が知りません。
そして今回の総選挙でも、このときとまったく同じことを繰り返そうとしています。
(※上記は東京キー局では流されなかった地方ローカル番組。)

(コメントを非表示にする場合は、右下のマークをクリック)

■この選挙は、日本が存続するかどうかを決める選挙


マスコミは報道しませんが、この選挙は
日本が独立国家として保てるか 、それとも 中国の属国になるか 、の選択選挙と言えます。
結論を言えば、政権交代をして民主党政権になった場合、
中国・韓国にベッタリの本物の左翼政権が誕生します。
テレビでいわれているような「年金」「医療」「景気」「雇用」といった身近な問題は、国民にはわかりやすい話でしょうが、
そんな次元の話ではなく、「国家の存亡」が掛かっています。
この点をほとんどの日本国民はわかっていません。

■民主党の正体を、日本国民は知らない


当サイトの 民主党の正体 ページには、民主党の政策・支持母体・議員の正体などをまとめています。
一言で言えば、"国家の解体"・"中国の属国化"をしようとしている政党です。
当サイトのような反民主党の人々がこのようなことを言うと、
民主党を支持している工作員は「ネトウヨの捏造」「自民党の工作サイト」といったレッテルで火消しに走りますが、
我々の主張は、民主党の現役議員も内部告発で述べていることです。
以下の告発文章をお読みください。

■民主党の現役都議が内部告発!
「民主党マニフェストは" 偽装 "」「 日本が滅びる

土屋たかゆき・東京都議会議員(公式ホームページ)
今日の”つっちー”(公式ブログ)
民主党都議会議員でありながら、民主党の「偽装マニフェスト」の正体を内部告発した愛国議員。
「民主党マニフェストは"偽装マニフェスト"であり、日本を滅亡させる売国政策が隠蔽されている!」と危惧。
当サイトの主張そのものを、民主党議員自身がブログで語っています。
この記事を日本全国に広めるように、土屋議員が訴えています。
民主党を支持している方。
あなたは民主党やマスコミに騙されていませんか?

民主マニフェスト“身内”から批判 (産経新聞 2009.08.01)
【関連】民主党の正体民主党の政策鳩山由紀夫の正体小沢一郎の正体自民党と民主党の違い

ふざけるなマニフェスト!本心をひた隠し (2009年07月31日 公式ブログ記事 ) 
※↓「+」をクリックすると、ブログ記事(一部補足)が表示されます。
+...

←土屋議員が内部告発した民主党の偽装マニフェスト
産経ニュースによれば、我が民主党のマニフェストに、党の「 重要な政策が意図的に脱落されている

理由は簡単。そんな政策を掲げて選挙をやれば、 民主は「第二社会党 だと批判を受けるからだ。
そもそも、この政策集、手続き的には問題がないのだろうが、実態は「 サヨク丸出し 」。そんな政策を作ること自体、「問題がある」

私が都議会で男女共同参画を問題にした時、ある議員が「それは党で決まっていることで、 反対するなら除名になる 」と言って来た。
一体、いつから、この政党 中央集制政党 になり、 全体主義政党 になったのか。

私は、このような「政策」に断固反対である。
ハッキリ言って、 日本を滅ぼす。

しかし、政権交代を争う選挙と言うのなら、こんなつまらぬ政策は止めるか、正直にマニフェストに書くべきだろう。

そもそも、 これらを脱落させたのは、到底書いたら、国民の支持を得られないと判断したからだ。 それなら、間違った政策は止めたらいい。ところが、左派がそれは許さない。

そこで、「 ねこだまし 」で、 国民に正確な政権構想を「知らせない」ことにした のだ。こんな「姑息なことはない」これは、民主党所属議員として、党員としてハッキリ言わせてもらう。

嘘で政権交代 をして、輿石参議員議員会長のように「教員の政治的中立はありえない」そこに出ていた何とかと言う議員も「金は出すが、口は出さない」などと、驚天動地の発言。

これが本心なら、学校は大変なことになる。と、言うより、 日本が滅びる。

政党たるもの、議員たるもの、自分の政策は正直に国民に示して選挙を行うべきではないか。

多くの国民は、保守改革の政党を期待している。
夫婦別姓、ジェンダーフリー、国旗、国歌反対など時代遅れで、家庭崩壊を助長する、ばかげた政策は支持していない。

このマニフェストをつくった責任者は誰か知らないが、 国民の高い支持率を悪用して、「本心」を書かない とは、政治家として、政党職員として、それよりも 人間としての良心の問題 である。

以下、産経の記事を掲載するので、熟読され、 知人友人に転送をお願いしたい。

私は、民主党に所属をしているが、間違っているものは間違っていると言うことにしている。民主主義における議員とはそう言うものだ。私は、投票する機械ではない。アメリカの議員を見習えと言いたい!
私は、本当に怒っている
こんな手法、恥ずかしくないのか!!!


(産経ニュース記事)
民主マニフェスト “難題”避けた争点化 左派隠し、現実路線装う (2009年7月28日(火)産経新聞)
 民主党が27日発表した衆院選のマニフェスト(政権公約)は、党の政策集「INDEX2009」で濃厚だった左派・リベラル的色彩が薄められた。政権奪取後を見据え、現実路線にかじを切った結果だ。「子ども手当」支給や高速道路の無料化などバラマキ色が強い政策も並び、政権交代実現に向けた選挙対策上の思惑もにじみ出る内容となっている。政権担当能力があることを前面に押し出す狙いがうかがえるが、財源の確保や経済・財政運営ではあいまいなままで、不安を残す形となった。(阿比留瑠比)
                    ◇
 ■「政策集、公約ではない」

 「われわれが選挙で国民に示して約束するのはマニフェストであり、政策集は公約ではない」

 民主党の政調幹部はこう強調する。

 さしずめ、 マニフェストは選挙向けに掲げる「旗印」 で、 政策集は表立っては主張しない「本音」 という位置づけだろうか。

 今回のマニフェストでは、鳩山由紀夫代表が繰り返し意欲を表明してきた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県外(海外)移設が盛り込まれていないなど、外交・安全保障面の現実路線ぶりが目立つ。

 米側の理解と協力が不可欠な「米軍再編や米軍基地のあり方の見直し」についても、政策集では、「進める」と明言していたものを「見直しの方向で臨む」と柔らかい表現に改めた。

 また、永住外国人への参政権付与に関しては、政策集で結党時の「基本政策」だとして早期実現をうたっているのにマニフェストでは全く触れていない。 有権者の反発が大きいことに配慮し、選挙で争点化しないよう隠したい との思惑も透けてみえる。同じく早期実現を主張していた選択的夫婦別姓も抜け落ちた。

 国会図書館に過去の日本の「罪」を追及する恒久平和調査局を設置元慰安婦に謝罪と金銭支給を行うなど慰安婦問題への取り組み▽靖国神社に代わる国立追悼施設の建立-など 論議を呼びそうな諸課題もマニフェストには入っていない。

 このほか、 マニフェストでは表現がぼかされている ものもある。

 例えば、「子育て・教育」の項には「教員免許制度を抜本的に見直す」とあるが、「これは日教組の運動方針に沿って安倍晋三内閣で成立した教員免許更新制を廃止するという意味」(元神奈川県教組委員長で元社会党参院議員の小林正氏)だという。

 ただ、人権侵害救済機関の創設はマニフェストに残った。内閣府の外局として人権侵害救済機関をつくるというもので、 民主党の支持団体である部落解放同盟の主張と一致している。

  マニフェストに明記していなくても民主党政権誕生後には優先的に実行される政策もある とみられる。マニフェストと政策集の双方を重ね合わせて実態を判断した方がよさそうだ。

国民を騙す民主党の裏マニフェスト ⇒動画がスタートしない場合は、 youtube版
※動画にあるように、実際に 民主党のホームページ で検索してみてください。
民主党のマニフェストは日本国民を騙していることが明らかになります。
(コメントを非表示にする場合は、右隅のマークをクリック)

賢明の方ならお気づきと思いますが、上記のような重大な発言を産経新聞は取り上げたものの、
テレビではまったく報じられておりません。
そのため、当サイトに来て初めてこのことを知った国民がほとんどではないでしょうか?
このように、民主党に不利になるような事は、「報道しない自由」によって隠蔽されているのです。

■津川雅彦も民主党とマスコミを猛批判!

長年芸能界で、マスコミや政治の裏を見続けてきた 津川雅彦氏のブログ をご覧ください。
マスコミの偏向報道・民主党の売国の正体・反日勢力に脳が汚染された平和ボケ日本国民についてなど、
当サイトの主張そのものを語っています。

【関連】
津川雅彦『遊び』ぶろぐ −サンタの隠れ家−
津川雅彦 - Wikipedia
愛国芸能人のコトバ

鳩山兄弟の言動を胡散臭く思うのは僕だけだろうか? (2009年7月6日 公式ブログ記事)
※↓「+」をクリックすると、ブログ記事(一部補足)が表示されます。
+...
鳩山兄弟の言動を胡散臭く思うのは僕だけだろうか?『友愛』だとか『正義』だとか、耳障りの良い言葉をアピールするが全く具体性に欠け、政治家として胡散臭さを感じる。
アメリカ軍は第七艦隊だけで良いと言った、
小沢さんの方が揚げ足もとられるが、まだ具体性があった。
小沢さんも巨額な偽装献金が発覚してからは、『検察の横暴』なんて意味不明発言一点張りで説明責任放棄が目立ったが…
大体、古い政治家は本音である醜い魂胆を隠す為に、歯が浮くようなキザな言葉を錦の御旗にしてきた。
耳当たりの良い言葉で、国民をたらしこみ篭絡するのは、これまで共産主義、帝国主義国家が暴力革命や権力維持を隠す為に使った常套手段だ。
あげくは人権抑圧、言論圧迫を遂行するのが手口だ。
『正義』を旗印にした鳩山弟氏は、次期衆議院選挙で自民党が勝てないと読んだのだろう。いち早く反麻生に舵を切った。
利に聡い『正義君』はやはり胡散臭い。
選挙の為に『時の人』となって目立つ必要があったのだろう。民主党の兄と結託し、自民党の支持率を落とす片棒をかつぎ、
郵政国会では一人ではしゃぎ話題をさらい、兄に貸しも作った。
麻生さんとの盟友が売りで大臣になったのに、麻生さんを見限り反麻生を結集し、首相おろしを画策した。総裁候補になれると思ったからだろう。
一方自民党離党し、同志を募り新党を作るとも発言している。
民主党が単独過半数に満たない時は政界再編のイニシアチブを取りたい算段と読める。
更に兄が首相になった暁には、兄弟連携の密約も取っただろう。この件、記者の質問に兄弟とも否定していない。
虎視眈々と政局を見据え、非常に賢しく手を打ち、素早く行動し、利口にしゃべり、マスコミに目立つのがうまい。最近出馬を要請され、そのまんま総理にしろと話題を沸騰させた東国原知事も、弱いと見た相手にだけ喧嘩を吹っ掛ける。
その体質はインテリギャングと変わらない。
人間として誠実さも義も感じられないから、僕は信用しない。
今の軽薄なマスコミやテレビ視聴者達は、その点、同類的親しみを感じるから人気が上がるのだろう。
我々の血税で国の安全と経済を司る政治家も 吉本の芸人と同じ軽薄さで人気を得る。芸人は客を見透かし軽薄を演じるが、
政治家は生まれながらの軽薄人間がマスコミに持て囃され一票が動く。 浮動票群は自分たちが程度が低すぎることを知らない善人だからこそ恐ろしい。昔から馬鹿は死ななきゃ治らないと言われる不治の病だ。平和ぼけのせいで増殖した善人が一番怖い世の中になった。
さて最近世間を騒がせている鳩山兄ちゃんは個人献金を偽装した会計担当秘書をかばい『私の個人献金があまりに少ないから苦労させた』とかばった。
明らかな嘘だ。
鳩山坊っちゃんの個人献金は年間1億1千万と突出している。
少ないなんて真っ赤な嘘。
ちなみに麻生さんは年間1千万を超さない。
すぐばれる嘘を釈明会見に使うとは悪質だ。
民主党は個人献金をクリーンさの証として、企業団体献金の廃止を唱え、政治資金規制法改正案を提出した。
党首の個人献金疑惑が二代続いて浮上してしまった民主党は、自ら出した改正案の国会審議を突如拒否した。
自分たちの出した法案なのに審議拒否するなど、めちゃくちゃな逃げ方で凌ごうとしているのに、 やはりマスコミは指摘しない。
身内でも会計的不正には、怒るのが普通だが、小沢さんも鳩山坊っちゃんも同様に秘書を庇った。
真実を知る秘書に暴露されると政治生命は終わる。
すねに傷もつ身は仕方なく秘書をかばう。庇うのはぐるの証だ。鳩山坊っちゃんは麻生さんにも負けない個人資産の持ち主だが、何千万も秘書に預け、不透明に引き出されていた事に気づかず、その金銭感覚を追及され『多分その辺が私の大まかな人間性かな』とおちょくった答えは、ぐるじゃなきゃ言えない発言だ。『常識では考えられない』とあの麻生さんさえ驚いてる。岡田幹事長は会見で、『代表の説明を了とする。問題があることを認めた上で説明責任を果たされた』と。ふざけちゃいけない。問題があれば、当然解明し説明する責任を残している。支離滅裂だ。
更に『謝ったことを含めて十分な説明だった』と阿呆なフォローをした。
謝罪は説明ではない。謝ってすめば警察はいらない。
鳩山坊っちゃんは不正の原因について『まだ判らない』としか言ってないのだ。
坊っちゃんは『小沢氏もだが、僕も自身は潔白だと信じている。信じられないのは秘書がやった事だが、自分の生きざまで国民の理解を得たい』と。疑惑を解く発言として、めちゃくちゃな論法だ。自分を信じて生きていれば不正解明も許されると本気で思ってる訳はなかろう。 国民をなめてるとしか思えない。
こんな誤魔化しを世間で通用させマスコミに甘やかされて育った左翼政党らしい発言だ。
武器を持たない善人なら、両手を挙げて降参すれば、だれも命も財産も奪わないと信じ、
右の頬を打たれれば、更に左の頬をだせば、打った奴は改心するなんて宗教みたいな事言ってるから、公明党も政治が出来ると勘違いする。
更に罪深いのは『友愛』だ。
本音は 『日本国は日本人だけのものじゃない』 発言につながる。( 記事2 記事3 記事4

確かに日本国土も企業も金さえ出せば外国人だって買える。
一見、当たり前過ぎる標語を、色んな『悪魔』に化けさせるのが権力の常だ。
外国人参政権しかり。あの北朝鮮にまで
『友愛』は発揮されるのだ。
共産主義国家は権力、権益に貪欲だから五分五分の『友愛』は通じない。
民主党は中国、ロシア、北朝鮮と『友愛』したいらしいが、
『友愛』政権になってしまったら、『友愛』はすっ飛ばされ、民主党は脅迫と賄賂で簡単に乗っ取られ、言論抑圧、人権無視は目前だ。
つい先日でさえ、田母神氏が発表した『大東亜戦争は正しかった』と言う一方の真実さえ弾圧され、職を追放された。
戦後64年たっても日本の民主主義社会は未成熟だ。
政権取った経験のない民主党にいつか、
いっぺんやらせてみるのも、民主主義国として悪いことじやないとは思うが…
半分は元社会党員の左翼が占める民主党では国防政策が絶対まとまらない。
北朝鮮へ武器を運ぶ船を自衛隊が臨検する事さえ消極的だ。
折角、国連を動かして厳しい決議を出させた日本が、臨検も出来なくては、世界中に赤っ恥を掻く事になる。まして現在は100年に一度の世界同時不況の最中だ。
更に北朝鮮崩壊寸前の今!やけくそで、何を仕出かすか分からん国のミサイル発射や核装備で非常に緊迫した国防の危機だ。
素早い対処こそ国民の生命財産を守る。
常日頃から左翼と戦い、自衛力を増強してきた自民党が今は一番信頼出来る。
経済と安全が脅かされている未曾有の今日!
官僚をうまく扱う術も大事。それもこれも未熟な党は心許ない。 重要政策の意思統一さえままならない民主党に今、政権取らせるのは如何なものか?橋下さんを知事にしてみて初めて、ノックさんを知事にした大阪人は政治音痴だったと判る後悔の二の舞を、今度は日本国民の一億総白痴化を自覚する事で、反省をし、マスコミのいい加減さ、無責任さを認識する機会になれば、せめて救いになるのだが…

↑津川雅彦も問題視した鳩山由紀夫の発言

なぜ津川雅彦氏はマスコミ・民主党批判のこのようなブログを書くのでしょうか。
それは当サイトを見れば分かります。

■麻生太郎(内閣総理大臣)VS 鳩山由起夫(民主党代表)


■誰と誰の戦いか?


■民主党とマスコミの癒着


■隠蔽された麻生政権の実績


■大成功したマスコミによる世論操作


■恐ろしいほどの無知・無関心な国民


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-10-20 10:35:36 (Fri)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2142




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。