衆院選:最新情報(補助ページ)

次期「衆議院議員総選挙」及び「最高裁判所裁判官国民審査」 の最新情報を報知するページです(編集フリー)


(コメントを消して動画を見る場合は、右隅のヒヨコのマークをクリックしてください。)
※当サイトでは長島昭久、小宮山泰子(ともに民主党候補)はお薦めしません。(同一選挙区の自民党議員のほうが愛国度が高いため)

     総選挙が近くなってきました。     総選挙の結果次第で、日本の将来、皆さんの将来、そして子供たちの将来は大きく左右されることでしょう。     「売国議員リスト」および「愛国議員リスト」は、「国民が知らない反日の実態」の中でも人気の高い、かつ、重要なページです。    ぜひ「売国議員リスト」および「愛国議員リスト」を、2ちゃんねるやブログなどで宣伝してください。    そして、リストを完璧にするため、編集作業にもぜひぜひご協力ください。    当サイトはほぼ全てのページを誰でも編集することが出来ます。    wikiの編集方法は「サイトの編集方法」に、そして「売国議員リスト」と「愛国議員リスト」の編集方法およびリスト未登録議員は「最優先の編集ページ」にまとめてあります。    参考にしてみてください。
※現在、売国議員リスト」および「愛国議員リスト」は、「最優先の編集ページ」に指定されています。
有志の方々のご協力をお待ちしております。

◆予想サイト

 1.衆議院選挙総合情報サイト   shuugi.in
 2.JANJANザ・選挙          第45回衆議院議員選挙
 3.字ばっかりのホームページ様  各選挙区の予想

◆自民党なら日米同盟堅持、民主党なら平和外交・国連中心主義へ

毎日新聞による次期衆院選候補予定者アンケートの記事を読んだ。
日本の安全に、より重要なのは 、という設問。それによると・・・。

自民 日米同盟 76% 、平和外交11%、国連中心主義2%、その他11%。
民主 :日米同盟19%、 平和外交 28% 国連中心主義 26% 、その他27%。

自民党は従来どおり日米同盟を基軸として国家の安全保障政策を粛々と進める。党として一貫した考え。
対する民主は相変わらずバラバラ。そもそも平和外交なんて具体的ではないし、どうせ話し合いという武器しか持たぬ無責任な考え方なんだろうぜ。

同じく国連中心主義なんぞも、国連の現実がわかっていない、単なるおとぎ話に過ぎない。国連なんて所詮国益と国益のぶつかり合いで、これを当てにする安全保障政策ほど脆いものはない。

アンケート結果を見ても断言できる。民主党に日本の外交・安全保障を任せることはできない。
日米同盟が絶対ではないが、今現在日本が執る手段としては最良である、ということは国民世論でもはっきりしている。現実として自衛隊が米軍と共同作戦等で一体化しつつある。民主はこの現実をどう見るつもりか。

今現在米軍を当てにせず、国家の安全を保障する現実的な方策があるのか?
そのくせ民主党は北朝鮮に対し、圧力重視が上回ったそうな。非現実的な外交・安保観しか持たぬ民主党が北に圧力をかけるべし、と言ったところで、どうやって?、と言われるのがオチだ。

民主党が政権を執ったら、日本の外交・安保が迷走するのは間違い無い。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-08-18 14:16:41 (Fri)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2135




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。