仮ページ75

反日企業傘下ページからSo-net可変IPらが独断消去したエントリを抜粋
企業名後ろの印について
●:So-net可変IPらによって消去された企業
▲:上記に加え推奨企業への改竄が行われた企業
企業名 理由 主な推奨企業・代替品 有害度
B-CAS
正式名称は「ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ」。
テレビ番組の著作権を保護しているが、実際は 著作権保護の名を借りた金儲け に走っている。
受信料集めに必死のNHKと結託して、B-CASに記録される個人情報を秘密裏にNHKへ流し、NHKや民放を肥え太らせようとしている危険極まりない企業である。
反日マスコミを撃退するためにも、単品のB-CASカード(単品での販売は禁止されているが、ネット上などではなぜか単品で販売されている)は買わない。 SSS++
DeNA
「モバゲー」で有名。
(1)独占禁止法違反で公正取引委員会から排除命令を受ける。
(2) モバゲーの不評多数
(系列)横浜DeNAベイスターズ
ゲームは任天堂セガ、バンダイナムコ、コナミなど。
SNSならびに野球興業は要検討。
S
GUCCI
日本ユニセフ支援企業(源泉徴収)。 腕時計はセイコーやシチズン・カシオなど、被服・皮革製品はLACOSTEやGAPなど。 S
JCB
(1)日本ユニセフ協会支援企業。
(2)中国銀聯と提携を行っている。
クレジットカードの国際ブランドははMasterCardなど A
JR東日本
●▲
正式名称は「東日本旅客鉄道」、鉄道事業最大手。
(1)支那への新幹線の技術提供に積極的であり、既に支那本土にJR東日本の新幹線をベースとした列車(E2系が原型)も存在する。
(2)東日本旅客鉄道労働組合(東労組・内部に革マル活動家が潜んでいる)組合員による吊し上げ事件が繰り返し起こっており、会社も被害者の左遷など東労組に配慮した対応のほか、平然と東労組の大会やイベントに会社幹部が出席。
(3)東日本大震災で被災した気仙沼・大船渡線および同年7月の集中豪雨で被災した只見線の復旧を拒絶している。
(4)また、千葉支社には「国鉄千葉動力車労働組合」(通称:動労千葉)という過激派左翼が住み着いている(水戸・高崎支社にも存在するがごく小規模)。
(5)電力を大量に消費する鉄道事業者であるにもかかわらず、反原発活動家でもある吉永小百合を広告類に起用。
※上記以外の事例は左記リンク先ページを参照。
JR東日本グループ一覧を参照。 SSS++
JR北海道
正式名称は「北海道旅客鉄道」。
(1)中島尚俊社長・坂本眞一相談役(共に自殺、役職は当時のもの)は創価学会員ないしシンパ。
(2)小池明夫会長(当時)が2007年道知事選で民主党(当時)系の荒井聰(後に同党衆議に復帰)を支持。
(3)JR北海道労働組合(北労組・JR連合加盟)との労働協約締結を拒否するなどJR総連との癒着傾向が見られる。
(4)JR総連支配による職場荒廃を放置し続けた結果、運行トラブルを多発させている。
(5)JR総連・北鉄労の要求を丸呑みする形で特急・快速列車の減速運転および本数削減を実施。
(6)自社の販売システム「総販」で東京モノレール乗車券を販売している(ただし近年は共同企画などで京急電鉄との関係を強めている)。
(7)JR東日本出身者2名を役員に起用。
(8)NHK大河ドラマ「新選組」放送に際しラッピング列車を運転。
(9)Peach Aviationおよびバニラエア(共に全日空系)との共同きっぷを発売。
JAL(HAC含む)、各地のバス会社など。 SS
JTB
旅行代理店、JRの時刻表や旅行雑誌「るるぶ」を発行。
(1)「JTBキャンブックス 韓国鉄道の旅」が日本海を「東海」と表記( ソース )
(2) コードプロジェクト に参加している。
(3)春秋航空日本に数億円を出資、また管理職級社員を派遣。
JRの時刻表は交通新聞社や駅で配布している時刻表など。
旅行業、旅行雑誌は要審議。
SSS+
NEC
住友グループの中核企業の電機会社。
(1)パソコン事業においてレノボと合弁を組んでいる。
ただし日本有数の軍需・防衛企業であり、通信機器などを自衛隊に提供している点は評価。
ノートPCはPanasonic、東芝、富士通など。
デスクトップPCは富士通など。
ネットブックはASUS、エイサー、富士通、東芝など。
サーバーは富士通、日立製作所など。
家電は上記の他に日立製作所、三菱電機など。
S+
P&G
日本ユニセフ協会支援企業。 洗剤はユニリーバジャパン、NSファーファジャパンなど。 B+
明石被服興業
日本ユニセフ協会支援企業。 LACOSTE(ラコステ)、尾崎商事やGAP(ギャップ)など。 B+
アサヒ・グループ・ホールディングス
(1)相談役で元社長・会長の 福地茂雄NHK会長(当時) NHK偏向捏造問題(JAPANデビュー問題)で、「問題なし」発言を繰り返す (自社の中国市場進出絡みで中共に篭絡された模様)
(2)言論NPOのスポンサー企業となっている。
(系列)オリオンビール、ニッカウイスキーなど
(輸入代理)レーベン
ブロイ、バスペールエールなど
愛国と誤解されやすい企業にも掲載されています。
麦酒等の飲料・取扱飲食店は各地の地ビールを推奨、ない場合は要検討。
輸入ビールについては並行輸入品(日本語が直接印刷されていないもの)で。
清涼飲料はえひめ飲料、ダイドーなど。
SS+
伊藤園
飲料メーカー大手。
創価学会の敷地内にある自販機はほぼすべて伊藤園製とされる。
(系列)タリーズコーヒー
えひめ飲料、ダイドーなど SS+
インプレスジャパン
IT系出版社。
「Impress Watch」、「窓の杜」等を運営。
日本ユニセフ協会支援企業。
IT書籍は技術評論社、日経BPなど。
ソフトウェアライブラリについてはソフトバンク不買運動との両立が難しいため、無理な不買は必要なし。
B+
ウォルト・ディズニー・カンパニー
アメリカのエンターテインメント企業。
作品の内容がほぼ白人至上主義を中心としており、他の民族や国民の文化を否定・侮辱しているとされる。
それどころか、「子供のため」ならば原典や原作を自らの価値観で改竄するため、「 原作を大きく逸脱している 」と神話学者や童話作家からの批判が起きている。
原作主義者にとっては、真の敵ともいえる。
さらに、スタジオジブリとの関係が深い。
ただし創業者のウォルト・ディズニーは共和党支持者であり、赤狩りにも協力していたため この評価にとどめる。
要検討
※同社の作品を使用する企業などに対する一律・無暗な不買は避けること(該当製品・サービスの部分不買であっても他の不買運動と衝突する事例が多い)。
A+
王子ネピア
日本ユニセフ協会支援企業。 日本製紙など B+
大塚製薬
(1)韓国に対し研究開発に関する巨額の投資を 行っている
系列のアース製薬は民事再生法を申請し経営破綻した白元(日本ユニセフ協会支援企業)の再建スポンサーであり、受け皿会社として白元アースを設立。
清涼飲料はえひめ飲料、ダイドーなど。
その他は要検討
SS
オリックス
言論NPOのスポンサー企業となっている。 要検討 B
川崎重工業
JR東日本・二階俊博の恫喝に屈して支那に新幹線の技術を提供した。
ただし輸送・哨戒機やミサイルなど、国防にかかわる製品を製造していること、台湾向け車両を多数製造していることは評価
鉄道車両は日本車輌製造(JR東海系)、日立製作所など。
二輪車はスズキ自動車
その他は要検討。
B-
京王電鉄
(1)京王電鉄は(近年において)初めて女性専用車両を導入。
(2)旧社会党系の労働組合とユニオン・ショップ協定を締結している。
京王グループ一覧を参照。 S
講談社
(1)毎日新聞の変態記事をつづった「タブロイド・トーキョー」や、反安倍反麻生を展開する「週刊現代」で有名。
(2)系列企業・日刊現代は反日タブロイド紙・日刊ゲンダイを発刊。
(3)フライデー襲撃事件を引き起こした元凶(この事件によって、週刊誌の胡散臭さが国民に暴露されたが、同誌は今も刊行されている)。
(4)「3×3 EYES(さざんあいず)」や「彼岸島」など、 日本人を悪者扱いする作品を少なからず出版 している。
ただし東京都青少年健全育成条例改定案反対は評価
(系列)光文社・キングレコード
ニュース系雑誌は小学館、展転社、ウェッジ社など。
週刊誌は新潮社]の「週刊新潮」など。
コミック、ゲーム雑誌は上記他に集英社、スクウェア・エニックスなど。
ただし単行本などは一概には言えないので各自判断すること。
SSS+
サントリーホールディングス
大手飲料メーカー。
(1) 日本海を東海(トンヘ)と表記
(2)またファミリーマートのLove韓流フェアに参加している。
(3) 利根川工場で爆発事故発生。
(4)ソフトバンクモバイルとコラボCMを製作。
(系列)ペプシ、リプトンなど
(販売代理)スターバックス(コンビニ向け商品)
酒類・取扱飲食店は各地の地ビールを推奨、ない場合は要検討。
輸入酒類については並行輸入品(日本語が直接印刷されていないもの)で。
清涼飲料はえひめ飲料、ダイドーなど。
SSS+
シャープ
●▲
台湾・鴻海精密工業傘下、大手電機メーカーの一角。
(1)サムスン電子と業務・資本提携を行っている。( ソース )
(2)個性的な製品が多い反面、不具合が多くアフターサービスにおいてはずさんな対応が有名で、企業モラルも著しく低下している。
(3)電子書籍配信サービス「GALAPAGOS STORE」サービス内で毎日新聞系列紙を配信している。
(4)太陽光発電・液晶テレビなどの広告に吉永小百合を起用。
(5)かつて「GALAPAGOS STORE」においてカルチュア・コンビニエンス・クラブとの合弁およびTポイントの取扱いを行っていた。
家電はPanasonic、富士通日立製作所、三菱電機など。
太陽光発電はパナソニック、ソーラーフロンティア(昭和シェル系)、カナディアンソーラー等
SS+
ソニー
●▲
日本の代表的な企業コングロマリットの一つ。
(1)日本ユニセフ支援企業の一つ。
(2)液晶テレビ「BRAVIA」の製造においてサムスンと提携している。
(3)製品のトラブルが多く、その対応の悪さでも有名。かつては保障期間が過ぎると決まって故障することを「ソニータイマー」と揶揄されたほど。
(4)インターネットの匿名性を悪用し、Web上で悪質なステルスマーケティングや競争相手に対するネガティブキャンペーンを幾度と無く行っている企業として悪名高い。
(5)ソニー・ミュージックエンタテインメント(以下「SME」)、アニプレックス等のコンテンツ部門各社は電通との関係が同業他社と比べても特に強く、その立場を利用して自社の都合で消費者に不利益を押し付けることを繰り返しており、音楽不況やコンテンツ産業の成長阻害の一因となっている。
(6)また、SMEは毎日新聞の変態報道問題における 対応に問題があった
(7)「LINE」の音楽配信事業「LINE MUSIC」においてSMEが提携。( ソース )また、「LINEオーディション」を共同開催している。
(8)ソニー・ピクチャーズエンタテインメントは北朝鮮からのサイバーテロに屈して映画「ザ・インタビュー」の公開を一時取り止めようとした。
(9)広告代理業「フロンテッジ」において電通と合弁を行っている。
ただし国内や東南アジアでも生産している点及び海外への技術流出に強い危機感を持っていることは評価
(系列)ソニー・コンピュータエンタテインメント、VAIO(販売委託)、ソーネット、ソニー損保、ソニー生命など多数。
ノートPCはPanasonic、東芝、富士通など。
デスクトップPCは富士通、日本ヒューレット・パッカードなど。
ネットブックは富士通、東芝など。
サーバーは日立製作所、富士通など。
家電製品は上記他に三菱電機など。
ただしNEC、IBM、SHARPは非推奨。
音楽・アニメソフト・ゲーム・映画は要検討
広告代理店は読売広告社、アサツー・ディ・ケイなど。
東急エージェンシー、ジェイアール東日本企画は非推奨。
SSS
ダノンウォーターズオブジャパン
仏・ダノン社のミネラルウォーター(ボルヴィック、エビアン)の日本法人。
ボルヴィックは キリンビバレッジ が販売代理。
エビアンは 伊藤園 が販売代理。
日本ユニセフ協会資金源の1つ(源泉徴収)。
ボルヴィックは過去にカビなどが混入していたことがある。
要検討 SSS++
中部電力
菅総理(当時)の圧力に屈して浜岡原発を停止した。 電気は公共事業かつ地域独占だったため、不買は必要なし。 A
トヨタ自動車
●▲
自動車最大手。
(1)奥田碩会長が首相の靖国神社参拝を批判、他にも媚中発言連発。
(2)過剰なコストダウンを推し進めたことで、大量の不具合品を生み出したり、製品の瑕疵に起因する生命に関わる事故(2006年7月に熊本県で発生した ハイラックスのリレーロッド破損事故 など)を発生させたりするなど、日本はもとより世界において日本製品の信用を下落させた。
(3)特に主力エンジンの一つである 2AZ-FSE では エンジンブローなど事故に直結しかねない不具合 が多発している。
(4)各種メディアへの広告出稿量は日本有数(同業では最多)であり、反日マスメディアの強い下支え的存在となっている。
(5)工場従業員に対する扱いが劣悪で労働災害などが多発している。
(6)2007年に同社主催により富士スピードウェイで開催されたF1グランプリでは杜撰な運営で多数のトラブルが発生した。
(7)日野自動車はいすゞ自動車ととバス製造事業を統合している。(J-BUS)
(8)ダイハツ工業は過去にリコール隠しを行っており、それに起因する事故が発生している。
ただしトヨタバッシングを始めとした数多くの貿易摩擦・日本不買運動の被害者でもあることや、台湾や東南アジアにも拠点を置いていることは評価。また日本の工業化を促進し自動車産業を発達させ日本技術を世界に発信するまで成長させたこと、多くのイベントの大型スポンサーであること、御料車や内閣総理大臣専用車の納入などの面もあることを付記する。
(系列)ダイハツ工業・日野自動車
乗用車は要検討
ただし当然ながら特亜メーカーは非推奨。
SSS++
日本航空
(1)日本ユニセフ協会( 事例1 事例2 事例3 )と関係が深い。また創価系企業説が取沙汰されている(ただし公明党は全日空擁護の立場でありこの点で矛盾する)。
(2)スタジオジブリと関係が深い(「紅の豚」は元々同社の機内上映用に制作)。
(3)ウォルト・ディズニー・カンパニーと関係が深く、度々特別塗装機を運航。
(4)歪な機材構成などが原因で支那企業への重整備委託に強く依存しており安全性を損ねているとされる。
(5)イオンと包括提携を行っており、同社の電子マネー「WAON」の機能を有するマイレージカードの発行・「WAONジェット」の運航(2014~2015年2月)などを行っている。
(6)東京モノレール(JR東日本系列)との共同キャンペーンを実施、またJR東日本と旅行業での協業・提携カードの発行などを行っている。
ただし2020年東京五輪招致に際し国内線機材のほぼ全ておよび一部国際線機材のドア横に招致ロゴ貼付、ソチ五輪に際して浅田真央選手を描いた機体を運航したことは評価
全日空不買運動などとの両立が困難なため、無理な不買は必要なし。 A
日本生活協同組合連合会
(1)ジェイティフーズが輸入した中国の天洋食品製造の毒入り餃子を販売。
その餃子を食べた人々が相次いで中毒を起こし、うち1人の女児が一時意識不明の重体に陥った。
(2)また、全国各地で九条の会を設立する等、何故か政治的な活動も行っている。
要検討 SSS+
日本製粉
日本ユニセフ協会支援企業。
毎日新聞の変態報道事件が発覚したことを受けての 対応が一貫しなかった
日清製粉など A
ビックカメラグループ
●▲
(1)ビックカメラとコジマではイオンの電子マネー「WAON」に対応している。
(2)ECサイト「ビックカメラ.com」の「今日のニュース」のソースがTBS
(3)ソフマップは創価学会系企業の1つ。
(4)ソフマップはオノデン同様、(日本固有の領土である)尖閣諸島を商売の為に日本人社員が「中国の領土」と回答している上、国慶節における特売を行っている。
(5)ユニクロとのコラボ店舗「ビックロ」を展開。
(系列)コジマ
ケーズデンキなど。
ただし当然ながらオノデン、ラオックス、ヤマダ電機は非推奨
SS
ブリヂストン
(1)鳩山由紀夫元総理一族が大株主であり、株主配当は鳩山家の資金源(約3億円/年)である。
ただし元社長の石井公一郎が国民保守運動の重鎮を務めたことは評価
自動車用タイヤは住友ゴムなど
自動車用ホイールはエンケイ、レイズ、BBSなど
自転車はGIANTなど
カー用品店は要検討
建材はクボタシーアイ、未来工業等
SSS++
三井住友銀行
三井グループ、住友グループ両方に所属。旧さくら銀行から日本ユニセフ協会支援企業。また、旧住友銀行から創価学会の3大メインバンクである。
(系列)関西アーバン銀行、みなと銀行、ジャパンネット銀行、日興コーディアル証券、SMBCフレンド証券、三井住友カード、プロミス、アットローン、SMBC Aviation Capitalなど
地方銀行や信用金庫を推奨(ただし指定金融機関に指定され他行で代替できない場合を除く)。
ネットバンク・証券は要検討議。
SSS++
ゆうちょ銀行
日本ユニセフ協会支援企業(源泉徴収)。 地方銀行や信用金庫を推奨。
ただしゆうちょ銀行しかない地域や代替手段が三メガバンクしかない地域についてはこの限りではない。
ネットバンク・証券は要検討。
S+

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-08-21 17:39:28 (Mon)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2138




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。