左翼有名人リスト(な行)

人名(50音順) ふりがな 資料 危険度
中内功 なかうち いさお 実業家。ダイエー創業者。ダイエー元会長・社長・グループCEO、経団連副会長、日本チェーンストア協会会長、流通科学大学学園長・理事長を歴任。護憲派。2005年に亡くなった人物。
「ダイエー」を創業し、流通業界の現状を打開する為、価格破壊や規制撤廃に尽力した人物。
しかし、90年代に入りワンマン経営が露見したり、経営戦略が時代に見合わなくなる等、ダイエーは凋落の一途を辿り、2001年にダイエーを退任している。
氏は戦後民主主義による護憲派とは一線を画し、自身の大東亜戦争における過酷な体験が元で強固な護憲や、再軍備に反対の姿勢を貫く。
また、日米同盟の堅持は不要で最小限に留めるべきで、北朝鮮に対しては暴発しない様和解の方向へ持っていくべきと発言している。
民族性については、「世界の中の日本で、アジアの中の日本なんだから。だいたい、国境がどんどんなくなりつつある。為替にしたって、モノにしたって、人にしたって、ボーダレス化してすべて自由に動いていくでしょう。ヨーロッパも、EU内部ではどんどん障壁が取り除かれていきつつある。そういう時代に、日本文化の特殊性をことさら言いたてるのは、おかしいわな。」と発言。
(※経済人であり左翼ではない)
「ダイエー会長・中内功「戦争」と「革命」」より
B
中垣克久 なかがき かつひさ 彫刻家。護憲派、反原発、反靖国、自虐史観の持ち主。
安倍首相の靖国参拝を非難した作品を東京都美術館に飾ろうとさたが、美術館側から撤去を求められる。
S
中川秀直 なかがわ ひでなお 元・自民党衆議院議員。北京オリンピックを支援する議員の会の会長代理。日朝友好議員連盟所属。消費者金融(サラ金)業界の政治団体「全国貸金業政治連盟」(全政連)から資金提供を受けている。
自由民主党新聞販売懇話会会長代行であり、新聞の特殊指定、再販制度維持を主張。日本新聞販売協会の顧問でもあった。その分身でもある日販協政治連盟から多額の政治献金を受けている。事実上新聞族のドンである。
古賀誠、二階俊博らとともに、人権擁護法案(ネット上でその問題点が厳しく指摘されている)の積極推進派としても知られている。
2007年の自民党総裁選挙では、麻生太郎幹事長が安倍晋三首相(いずれも当時)の辞意を聞きながら、翻意せず逆に政権獲得に動いたとされる、いわゆる「麻生・与謝野クーデター説」を流布したとされる。
SSS+
長坂秀佳 ながさか しゅうけい 脚本家。小説家。放送作家。自虐史観の持ち主。
保守派政治家を悪として描く傾向が強い人物。
B
中沢啓治 なかざわ けいじ 漫画家。「はだしのゲン」の作者。護憲派。
作品内で共産主義美化、皇室侮辱、などを繰り返す。
異常なまでの自虐史観の持ち主。
但し、同作品では朝鮮進駐軍についても言及していることも考慮すべき。
S-
中沢新一 なかざわ しんいち 宗教学者。哲学者。評論家。「憲法九条を世界遺産に」の著者(爆笑問題・太田光との共著)。 A
長嶋一茂 ながしま かずしげ 元・プロ野球選手。俳優。タレント。
ノンポリであるため、TVでのコメントには要注意。
C
中島岳志 なかじま たけし 政治学者・歴史学者。北海道大学公共政策大学院准教授。
国際法に基づき東京裁判を否定したパール判事のパール判決書の日本無罪論を著書『パール判事東京裁判批判と絶対平和主義』などでパール判事は平和主義者で9条護憲派であり日本に戦争犯罪者が存在し日本は有罪だと決め付け曲解する主張をする。
「週刊金曜日」の編集委員に名を連ねる平和主義者。
S
中曽根康弘 なかそね やすひろ 元・自由民主党衆議院議員。第71・72・73代内閣総理大臣。科学技術庁長官(第7・25代)、運輸大臣(第38代)、防衛庁長官(第25代)、通商産業大臣(第34・35代)、行政管理庁長官(第45代)等を歴任。新憲法制定議員同盟会長。財団法人世界平和研究所会長。
総理大臣在任中に中国共産党の融和戦略あるいは圧力、そして後藤田官房長官の進言あるいは圧力により靖国神社への参拝を中止。
小泉内閣時代には小泉総理の靖国参拝に反対を表明し、保守派政策集団「伝統と創造の会」に講師として招かれた際は、小泉総理の靖国参拝を期待する稲田朋美議員らに「個人的信条も大事だが、それ以上に国家的利害も重要だ」と発言する。
特に最近は、日本と特定アジア諸国の関係が深まることを望む発言が多い。
また、アメリカ経済の貿易赤字解消の為に行ったプラザ合意により、バブル経済を発生させる等、氏が行った政策にはマイナス面も多い。
ただし、
1、憲法改正や核武装論を唱えており安全保障に対して関心を持っていること
2、国鉄を分割・株式会社化し、国労(国鉄労働組合)を分断・弱体化させたこと
など、愛国的な実績もある。
C
中西哲生 なかにし てつお スポーツジャーナリスト。サッカー解説者。元・サッカー選手。TBS「サンデーモーニング」コメンテーター。
日本の国防に否定的な人物。
B
なかにし礼 なかにし れい 作家。護憲派。
自身がレギュラー出演する番組「ワイドスクランブル」にて、北朝鮮のミサイル問題に対し、「日本は何もせずにいざとなったら秋田県民(日本国民)は死ねば良い」と間接的に発言。
また、小沢一郎の陸山会問題に関して、「5年も前の事件に検察は何をムキになっているのか」と、司法制度を否定する発言を行う。
A
中坊公平 なかぼう こうへい 元・弁護士。元・日本弁護士連合会(日弁連)会長。新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)特別顧問。護憲派。自虐史観の持ち主。 A
中村敦夫 なかむら あつお 俳優。作家。元・参議院議員。元・みどりの会議代表。護憲派。自虐史観の持ち主。
統一教会批判や環境保護運動は評価出来るものの、国防については否定的で、左派的な思考の持ち主。
B
中村哲 なかむら てつ 医師。クリスチャン。護憲派。
アフガニスタンなどでの医師としての活動は十分評価出来るものの、おかしな左翼団体との関わりを持つ等、サヨク思想を有する人物。
B
中山千夏 なかやま ちなつ 作家。タレント。元・参議院議員。フェミニスト。護憲派。
皇室を侮辱する芝居に参加するなど、徹底した反日主義。
皇室侮辱
S
成田豊 なりた ゆたか 電通最高顧問・グループ会長。ソウル市出身(但し氏はあくまで日本人)。
日本のマスコミを影から操っている人物。
朝鮮系企業と太い繋がり(消費者金融CM解禁させる等)。マスコミの財布とも言われる電通のトップ。その電通という企業はテレビ局や新聞社よりも大きな権力を持っており、日本のマスコミを腐らせたと言っても過言ではない人物。その全貌は電通の正体を参照
SSS+

人名(50音順) ふりがな 資料 危険度
C・W・ニコル うぃりあむ・くらいぶ・にこる イギリス出身の作家。ナチュラリスト。博物館「キラメッセ室戸鯨館」館長。1995年に日本国籍取得。護憲派。
日本の自然や文化を敬愛し、捕鯨についても日本の食文化・漁業文化・生活文化を守る必要性から、「信頼できるデータが揃い、きちんとした形で行うならば、捕鯨もかまわない」とし、反捕鯨国が多い国際捕鯨委員会や、環境テロリストと化している過激派のグリーンピース、シーシェパードの行動に苦言を呈していたが、現在はグリーンピース、シーシェパード共に友好的な関係にあり、日本の沿岸捕鯨に関するデータが信憑性に欠けるため、現在は「日本の捕鯨を全面的に支援する立場にはない」と発言している。
また、氏は護憲派として左派言論人とも交流を持っている。
因みに、2007年には日本教職員組合(日教組)主催の「教育研究全国集会」にて講演を行っている。
C
西岡琢也 にしおか たくや 脚本家。日本シナリオ作家協会理事長。大阪芸術大学教授。自虐史観の持ち主。
自虐史観を前面に出したドラマも脚本している。
B
西田敏行 にしだ としゆき 俳優。歌手。タレント。司会者。護憲派。朝日放送「探偵!ナイトスクープ」レギュラー。
代表作は「映画釣りバカ日誌」シリーズ等。NHK大河ドラマにも多数出演。
左派(反日系)マスコミの代表格、岩波書店がバックにいるカタログハウスの「通販生活」で9条礼賛と靖国神社否定発言をする。
9条が変えると世の中がおかしくなるという考えの持ち主。
B
西田真基 にしだ まさき 大阪地方裁判所判事。
従業員を解雇した印刷会社に対し「部落差別」だと抗議に押し掛け、現金を脅し取った部落解放同盟寝屋川支部長らに無罪判決を下す。 「散歩道」より
また、元・新聞販売所従業員である在日朝鮮人の男が、通行人を巻き添えにして自殺しようと考え、自身の乗用車で男女5人を次々と撥ね、うち2名を死亡させた事件で、心神喪失認定をし無罪判決を下している。 「大阪民国NEWS」より
A
西野瑠美子 にしの るみこ ルポライター。ジャーナリスト。VAWW-NETジャパン共同代表。「女たちの戦争と平和資料館」館長。日本の戦争責任資料センター幹事・研究員。戦争被害調査会法を実現する市民会議共同代表。
自虐史観をもち特に捏造の従軍慰安婦問題を積極的に取り組んでいるが、戦後GHQが国内で慰安所を設置したことについて一切の批判はなく、「女性への暴力などを扱う」としているが現在進行の 北朝鮮の人権問題や中国のチベット・ウイグル弾圧も完全に黙殺。2001年に「 女性国際戦犯法廷 」をNHKで放送しようと画策するも、放送前の番組編集によりとん挫。
2009年に「在日特権を許さない市民の会」が三鷹市で開かれる慰安婦展を前に主催者のロラネット大森進代表と共に1体1の公開討論会を申し込むが、両名ともそれに応じなかった。HP上や同志達の集会では強気の発言をしているようだが「都合の悪い真実は認められない」というサヨクの典型。
SSS+
西村京太郎 にしむら きょうたろう 推理小説家。トラベルミステリー「十津川警部シリーズ」の著者。自虐史観の持ち主。保守的な政治家を嫌う人物。
アイヌや沖縄の歴史について、反日勢力とほぼ同じ主張を自著の推理小説で披露する。
B
西山太吉 にしやま たきち ジャーナリスト、護憲派、反日米同盟主義者。
毎日新聞の記者として勤務していた1972年、ろくに裏取りもせず「外務省の女性事務官と情を通じ、秘密漏洩を唆した」と捏造記事を書き、いわゆる「西山事件」を引き起こした。
SSS+
丹羽宇一郎 にわ ういちろう 日本の実業家、外交官。伊藤忠商事会長・社長、日本郵政株式会社取締役、認定特定非営利活動法人国際連合世界食糧計画WFP協会会長などを歴任し、2010年(平成22年)6月から中華人民共和国駐箚特命全権大使を務める。
自称第2の経済大国となった支那に対しODA強化要請。(
A
ザ・ニュースペーパー ざ にゅーすぺーぱー 時事ネタを得意とする社会風刺コント集団。
麻生太郎を初め、安倍晋三・小泉純一郎ら歴代総理大臣や、政治家を小馬鹿にしたネタや皇室を侮辱したコントを披露し貶す。
B


人名(50音順) ふりがな 資料 危険度

人名(50音順) ふりがな 資料 危険度
根津公子 ねず きみこ 元・中学校教諭。フェミニスト。護憲派。多田謡子反権力人権賞受賞者。自虐史観の持ち主。
日の丸・君が代を極端に嫌悪し、校務を度々妨害。その度に処分を受ける。
SSS+

人名(50音順) ふりがな 資料 危険度
野坂昭如 のさか あきゆき 作家。元・参議院議員。護憲派。
反日というよりニヒリズムと言った方が正確。
B
野中広務 のなか ひろむ 元・自民党衆議院議員。日中友好協会顧問。日本行政書士政治連盟最高顧問。護憲派。異様な程の自虐史観の持ち主。
部落解放同盟や左翼勢力と太いパイプを持つ。(参考:野中広務の正体
SSS+
延江浩 のぶえ ひろし TOKYO FM チーフ・プロデューサー。
村上龍のインターネット動画「Ryu's Video Report」にて村上と共に自民叩き、民主擁護を行う。ほとんどの意見が村上に同意するだけのノンポリ。
B
野間佐和子 のま さわこ 実業家、講談社前社長、親中派。瀋陽総領事館北朝鮮人亡命者駆け込み事件の際、外交官だった義弟の親中・弱腰外交を擁護。
人物はAだが、かつて務めた講談社は国賊企業級
A



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-09-20 18:59:12 (Wed)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2142




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。