左翼有名人リスト(か行)「こ」

人名(50音順) ふりがな 資料 危険度
小池恒 こいけ こう 実業家、オリコン株式会社代表取締役社長。
「CDによって、国民から金を搾取するだけ」と述べるなど、オリコンのために儲けることしか考えていない人物。
違法コピー・違法ダウンロードは批判するにもかかわらず、中国・韓国のパクリ文化、海賊版の横行については一切論じようとしない。
S
小泉純一郎 こいずみ じゅんいちろう 元・自民党衆議院議員。第87・88・89代内閣総理大臣。厚生大臣(第69・70・81代)、郵政大臣(第55代)、第20代自由民主党総裁。
人権擁護法案賛成、女系天皇容認。「極東国際軍事裁判を受諾し、A級戦犯は戦争犯罪人と認識している」と答弁。中国人や韓国人等の観光客に対するビザ免除。朝銀に公的資金1兆円投入。
最近では、脱原発を掲げて安倍総理に宣戦布告し2014年東京都知事選では細川護熙を応援。
但し公平に見て、
(1)媚中派・金権体質の橋本派経世会の政治支配を終了させた事
(2)毎年の靖国神社参拝
(3)対中ODA撤廃
(4)拉致被害者の一部帰国実現
これらを通じて結果的に政界と世論の保守化(健全化)を進展させた事実は大いに評価に値する。
小泉政権自体も、
初期の福田官房長官・田中真紀子→川口順子外相の時期から、中期の細田官房長官・町村外相の時期を経て、後期の安倍官房長官・麻生外相の時期へと、その政治時姿勢をリベラルから保守へ大きく変化させてきた。
C
小出裕章 こいで ひろあき 原子力工学者。反原発、親北朝鮮。
反原発運動のカリスマだが、博士論文すら出さず査読論文もまともに書かず、学者としての研究活動はほとんど行っていない。
市民運動に現を抜かしながら本業をおろそかにしてポストに居座る。
北朝鮮を擁護し、「北朝鮮」という呼称すら差別と主張。
左翼系の人脈とも親しい。
S
孔健 こう けん 作家。孔子研究家。SBI大学院大学教授。
シナのチベット・ウイグル侵略占領を正当化。
シナを徹底的に擁護する発言連発。孔子の子孫ではあるがその有能な血筋を全く活かせていない。
S
鴻上尚史 こうかみ しょうじ 劇作家。演出家。劇団「第三舞台」主宰。日本劇作家協会理事。日本劇団協議会理事。
自身はサヨク的な思想の持ち主で、反日言論人である上野千鶴子と対談を行ったこともある。
B
高金素梅 こうきん そばい
(ガオジン スーメイ)
台湾の政治家(無党団結連盟所属)。歌手。女優。親中派。徹底した反日主義。
靖国神社を軍国主義の象徴として非難する。
また、高砂義勇兵碑が大日本帝国を讃美しているとして反対を押し切り、記念碑以外の関連物を全て撤去する。
元義勇兵からの抗議に対して「奴らは日本の奴隷化教育を受けた連中」と発言。
反日映画「靖国」に出演。「部落工作隊」、「中国統一聯盟」、「夏潮」など全ての親中団体のバックアップを受ける。
S
神足裕司 こうたり ゆうじ コラムニスト。
中国の毒餃子事件に関して、「情報ライブミヤネ屋」で「あの、メディアってのは中国では統制されてるもので、国が好きな情報流すっていう。そういうことのギャップが重なっていくとやっぱり、日本人に悪意があってこういうことをしてるんだなっていうふうに、中国の人、見えてもしょうがないですね。」と中国を擁護。( 「ぼやきくっくり」より
「ミヤネ屋」の特徴なのか、この人物も軽佻浮薄なだけ。
C
河野美代子 こうの みよこ 政治活動家。医師。ボランティア団体「広島エイズ・ダイヤル」代表。フェミニスト。
日教組と関係が深い人物。
前回の広島市長選で、社会党系の秋葉忠利を応援。評価できる点は性病対策などに取り組んでいること。
S
郡山総一郎 こおりやま そういちろう フォトジャーナリスト。2004年4月にイラクで武装勢力に拉致された人物( 「イラク日本人人質事件」 )。護憲派。
イラク日本人人質事件解決後、武装勢力やテロリストが潜伏している危険地帯に居ながら、注意を怠り、拉致されてしまったという自分の落ち度を棚にあげ、謝罪しないばかりか、自身を批判する国民を非難し、開き直る。 「JANJAN」より
現在では9条護憲派の講演会に度々出席している。
S
古賀誠 こが まこと 福岡県出身の元・自民党衆議院議員。運輸大臣(第72代)、自民党国会対策委員長、自民党幹事長、自民党選挙対策委員長を歴任。人権問題等調査会顧問。媚中派、護憲派、自虐史観の持ち主。
人権擁護法案推進。遺族会会長でありながら分祀論者。
ただし、公明党と敵対していることは評価。
S
小坂浩彰 こさか ひろゆき 北朝鮮に支援をするという名目の団体「 レインボーブリッヂ 」の代表代行だった人物。偽名疑惑あり( 「國民新聞」より )。
創価学会とも関係が深い。
2007年に厚生労働科学研究費補助金を騙し取ったとして詐欺罪で逮捕。
S
リチャード・コシミズ りちゃーど こしみず 自称ネットジャーナリスト。生活の党を「独立党」として強く応援している。
自民党、公明党、民主党、共産党、統一教会、創価学会、産経・読売・毎日新聞をユダヤの手先であると断言するなどユダヤに関する様々な陰謀論を吹聴している。
しかし一方で近隣諸国に対しては寛容で、中国共産党による一党支配体制、支那国内での人権侵害、チベットウイグル占領、軍事費の肥大化、空母の建設、反日教育、韓国の竹島占領問題、対馬乗っ取り、特定アジア人の民度の低さ、反日思考などについては一切非難しないばかりか、自民党の保守派を忌み嫌っていたり、旧社会党の政治家や朝日新聞を異常に賞賛し擁護するなど奇行が目立つ。
また、生活の党シンパでありながら、その党首である小沢一郎がアメリカに多額の献金をしていたことに関してはスルーしている(但し、民主党初期までは小沢氏を「ユダヤの手先」として批判していた)。
その上、主権回復を目指す会の西村修平氏を朝鮮人と罵倒したり、在特会の桜井誠氏を似非右翼扱いしており、実は反米反ユダヤの皮を被った中韓ロビーか、下手をすると特定アジアの工作員である可能性も。最近はあまり創価を批判しなくなった。
S+
小杉健治 こすぎ けんじ 小説家。自虐史観の持ち主。 C
後藤啓二 ごとう けいじ 弁護士。元・警察官僚。
売国団体エクパット(矯風会)と密接な関係にあり、二次元規制も含めた児童ポルノ法改正案をアグネス・チャンや宮本潤子と共に推進する。過去に「冤罪は関係ない」と発言したこともあり弁護士としての資質を疑う人物。児童ポルノ法の(さらなる)強化は、人権弾圧や民主主義の崩壊につながり、特に日本コンテンツ産業を破壊する危険性が排除できない。日本全国のオタクと腐女子にとっては最悪クラスの敵であることは間違いない。
更に詳しい情報→後藤啓二の正体
SSS++
後藤正文 ごとう まさふみ ロックバンド"ASIAN KUNG-FU GENERATION"ボーカル・ギタリスト。反・保守主義者。
川内原発再稼動に反対する集会に出席した際、壇上で安倍首相や保守派を揶揄する発言をした。
安倍首相に対して批判的で「クソ安倍」や「安倍死ね」等の発言が多い。
自民党嫌いでアルバム「Wonder Future」発売時に「自民党に投票した奴はCD聞かなくて良い」と発言した。
共産党支持者であり選挙では「共産党に投票した」との発言もある。
twitterでも左寄りのツイートをリツイートする事が多い。
S+
後藤田正晴 ごとうだ まさはる 元・自由民主党衆議院議員。元・警察庁長官。中曽根内閣にて内閣官房長官、行政管理庁長官、総務庁長官、宮澤内閣にて副総理、法務大臣等を歴任。護憲派。自虐史観の持ち主。2005年に亡くなった人物。
氏は親中派である河野洋平を寵愛し、新しい歴史教科書をつくる会の歴史教科書の採択には反対の立場を貫く。
また、晩年は保守派からの批判に対し「自分が左派扱いされるのは、日本が右傾化し過ぎているのではないのか」と発言している。
因みに、中曽根内閣の官房長官時代に、氏が「我が国の行為に責任を有するA級戦犯に対して礼拝したのではないかとの批判を生み、ひいては、我が国が様々な機会に表明してきた過般の戦争への反省とその上に立った平和友好への決意に対する誤解と不信さえ生まれるおそれがあるため内閣総理大臣の靖国神社への公式参拝は差し控えることとした」という中曽根総理の靖国参拝中止談話を発表した。
A
小中陽太郎 こなか ようたろう 作家。評論家。翻訳家。日本ペンクラブ専務理事。アジアキリスト教協議会議長。護憲派。自虐史観の持ち主。 A
小西誠 こにし まこと 元・自衛官。反戦活動家。出版社「社会批評社」社長。
自衛官だった時に通っていた大学で全共闘と交流したことがきっかけで極度に左傾化し、自衛隊への妨害行動を度々行った。
現在は自らが社長を務める出版社等から、極左を礼賛し、反日・反国防を是とした書物を世に出し続けている。
S
古怒田健志 こぬた けんじ 脚本家。特撮・アニメを中心に手掛ける。
「日本の愛国心を煽る本・特定民族への悪感情を持たせる本(『嫌韓流』などを始めとする嫌韓・嫌中本を指すと思われる)を取り締まって燃やしたい」などといった、特亜擁護の反日的な発言をする。
A
近衛文麿 このえ ふみまろ 戦前・戦間期日本の政治家。貴族院議員、貴族院副議長(第10代)、貴族院議長(第9代)、内閣総理大臣(第34・38・39代)、外務大臣(第57代)、拓務大臣(第13代)、班列、農林大臣、司法大臣(第43代)などを歴任。孫は熊本県知事・第79代内閣総理大臣を務めた細川護熙。1945年に亡くなった人物。
ソ連のスパイで、大東亜戦争の引き金となった人物。
SSS++
バッキー木場 ばっきー こば ナレーター、DJ。
自身の番組において「日本は平和があたりまえのこと過ぎてその有難みを忘れてしまう」(bayFM「POWER COUNTDOWN JAPAN HOT30」2010年8月14日放送)などの平和ボケ発言が多い。
B
小林亜星 こばやし あせい 作曲家。作詞家。タレント。護憲派。 B
小林カツ代 こばやし かつよ 料理研究家。護憲派。日本基督教団信徒であると共に、日本共産党の支持者でもある。
土井たか子や、福島瑞穂、石坂啓らも参加する「神楽坂女声合唱団」団長も務める。
A
小林久三 こばやし きゅうぞう 小説家。元・脚本家。元・映画プロデューサー。2006年に亡くなった人物。
有害映画リストに掲載されている、「皇帝のいない八月」の原作者。
C
小林多喜二 こばやし たきじ プロレタリア文学の作家。「蟹工船」の著者。労働運動家。日本共産党員。1933年に亡くなった人物。
社会不安等の影響で労働運動に傾倒したり、労働運動家で日本共産党員だった山本懸蔵の選挙応援を行う等、左翼運動を積極的に行っていた。
現在は、日本共産党を始めとした様々な左翼勢力が、氏が記した「蟹工船」を利用して勢力拡大を図り、出版を始めとしたマスコミ業界は蟹工船を金儲けや、左翼勢力、自虐史観の喧伝に利用する等、氏と著書「蟹工船」は再び影響力を増している。
A
小林武史 こばやし たけし 音楽プロデューサー。ミュージシャン。「ap bank」設立人。
サヨク的な思考の持ち主で、著書全てを熟読するほど宮台真司に傾倒している。
B
小林政広 こばやし まさひろ 映画監督。脚本家。
イラク人質事件をモチーフにした映画を製作。
人質となった人物達の戦闘地域での思慮に欠いた行動とその後の傲慢な言動ではなく、人質となった人物達への正当な批判を暗に作品の中で揶揄し、人質となった人物達を擁護した。
C
小林源文 こばやし もとふみ 戦争漫画の第一人者として知られているが、ソ連兵の耳を私怨で削ぎ落としたり、女にだらしない自衛官を描いて自衛隊のイメージ低下に貢献。また、韓国兵を主人公とした漫画を描いており、親韓派である。 A
小林よしのり こばやし よしのり 漫画家。
事実上の皇統断絶に繋がる女系天皇論を推進、また東日本大震災後には反原発を主張し山本太郎参議による皇室政治利用の企図(園遊会で天皇陛下に手紙を渡す)を擁護。
保守化の道を開き、現在の保守派にも彼に影響を受けた人も少なくないが、現在の彼には保守論壇と呼ばれたかつての勢いは最早なく、(少なからぬ)古参のファンからも見限られている。
B+
小松昭夫 こまつ あきお 財団法人・人間自然科学研究所理事長。
伊藤博文暗殺犯である安重根の記念館建設費用として100万円を寄付。
また、中国の南京大虐殺記念館に度々訪れている。 「黒猫雑感記」より
S
小室哲哉 こむろ てつや シンガーソングライター。護憲派。
著作権料の詐欺事件で社会的地位を失ったにもかかわらず、エイベックスの肩入れで、すっかり音楽業界に復活している。
また、J-POPの商業主義を推進し、今日におけるCDの売上枚数を激減させる要因をつくった。
A+
小室等 こむろ ひとし フォークシンガー。フォーライフ・レコード(現:フォーライフ・ミュージック・エンタテインメント)初代社長。護憲派。
週刊金曜日の編集委員らと非常に親しい。
B
小森政孝 こもり まさたか インターン募集反差別国際運動(IMADR)国際事務局。護憲派で、ウトロ地区の在日韓国・朝鮮人強制立ち退きを阻止するなど、数々の反日的言動を行なう生粋の反日主義者。 SS+
小山力也 こやま りきや 声優・俳優。
ノンポリの多い声優業界において、護憲派・9条シンパとして知られる。
B
是枝裕和 これえだ ひろかず 映画監督。護憲派。
フジテレビのドキュメンタリー番組「シリーズ憲法 ~第9条・戦争放棄『忘却』~」を制作する等、サヨク的な思想の持ち主。
A
近藤光史 こんどう みつふみ フリーアナウンサー。元・毎日放送アナウンサー。愛称はコンちゃん。
「2ちゃんねらーは首括れ」という迷言を遺すなど、ネット言論には批判的。
自身がパーソナリティを務めるMBSラジオ「こんちわコンちゃんお昼ですよ!」などで、日常的に麻生太郎叩きを行う。
第一次安倍政権時代は、日常的に安倍氏をコケにしていた。
A+
近藤正臣 こんどう まさおみ 俳優。護憲派。 B
近藤真彦 こんどう まさひこ 歌手。俳優。レーシングドライバー。ジャニーズ事務所所属。親中派。
ジャニーズファンがジャニーズ事務所を通じ寄付した東日本大震災義援金を、仙台市八木山動物公園にパンダのレンタル資金と四川大地震の震災遺児の奨学金に用いる詐欺行為を行った人物。さらにこの事が仙台市の中国領事館建設の流れへと繋がっている。
氏は「パンダを通して日本と中国が仲良くなれる」との考えを持つ。また、四川大地震の震災遺児を日本に受け入れて就職まで支援する考えも持っていた。
東日本大震災の義援金を悪用し中国に加担したのは悪質極まりないので危険度はS+とする。
S+
コンノケンイチ
(本名:今野健一)
こんの けんいち 作家。UFO研究家。現代物理学に懐疑的で数々のトンデモ本を執筆。陰謀論やスピリチュアルにも傾倒する。
幼少期の戦争の記憶から自虐史観・左翼思考・反権力思考に染まり、靖国神社反対や強制連行・南京事件などを史実とする異常なまでに近隣諸国の見解を妄信し、北朝鮮の日本人拉致や東京裁判を擁護するなど反日妄言を吐く。
同時多発テロをアメリカの陰謀と妄信し反対意見を一切聞き入れないといった事柄が多い程の激しい反米思想の持ち主。
S

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-08-24 15:58:07 (Thu)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2141




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。