現代保守の社会理論・はじめに

当サイトでは 自由で寛容な価値多元的社会を支える憲法論の基礎となる法概念論 として、 H. L. A. ハートの法=社会的ルール説 を幾つかのページで紹介している。
※「 法=社会的ルール説 」は20世紀初頭に英米圏で発展した分析哲学の成果を受けて、1961年にイギリスの法理学者H. L. A. ハートによって提唱され、現在では 英米圏の法理論の圧倒的なパラダイム となっている法の捉え方である。(以下のモデル図参照。また阪本昌成『憲法理論Ⅰ』第二章 国制と法の理論も参照)

当ページは、この① ハートの法概念論(ルール論) と密接に関連しつつ、同じく自由主義社会を支える基礎理論を提供している② ハイエク(自生的秩序論) 、③ J. L. オースティン(言語行為論) 、さらに④ ウィトゲンシュタイン(言語ゲーム論) といった各々の理論の 相互的な関連性 を鋭く分析した 落合仁司氏(同志社大学教授)の論説 を紹介し、 現代保守主義の社会理論について考察を深める ことを目的とする。

関連ページ 法と権利の本質



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-08-24 12:23:43 (Thu)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2141




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。