沖田事件の正体

クレーマーの脅威とそれに伴う安全保障上の脅威を警告する事件


<目次>

■プレゼンテーション










■拡散にご協力願います!

その1
日本キリスト教婦人矯風会は戦前においても、自らのイデオロギーのために、内務省に1928年、内務省に女性誌の性愛記事取締を請願し、1933年に内務省が、出版物取締強化のため検閲制度の大改革、併せて出版警察を拡充(出版法)させたことから引き起こされた横浜事件を引き起こした恐るべき団体です。
つまり横浜事件を総括しないまま「日本は児童ポルノ大国」というアジテーションを流布して児童ポルノ単純所持禁止・刑罰化を推し進め、小売店や金融機関に沖田事件を起こすような世界屈指のクレーマーの脅威に晒させることから、日本の安全保障に甚大なる打撃を与えるため大変危険な組織です。
日本経済が世界屈指のクレーマーの脅威に晒されたら、グローバル経済にも途方もない悪影響を及ぼし、結果リーマンショックも吹っ飛ぶ世界恐慌になる恐れがございます。
この事実をインターネットにて普く拡散していきましょう!どんどん拡散願います!

日本キリスト教婦人矯風会の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1383.html
横浜事件の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1912.html
沖田事件の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1679.html
児童ポルノ法改正案の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/287.html

その2
日本キリスト教婦人矯風会の関連組織・日本キリスト教協議会の大月純子氏は、大月孝行(旧姓・福田)死刑囚を養子縁組してまで庇い立てをしています。
つまり日本キリスト教婦人矯風会は凶悪犯罪者を庇い立てをしているため、日本の安全保障に甚大なる打撃を与えるため大変危険な組織です。
そんなところが児童ポルノ法改正に血眼になっていますから、万が一これが可決したとなった場合、本村洋さんが社会的に抹殺されてしまう恐れがございます。
この事実をインターネットにて普く拡散していきましょう!どんどん拡散願います!
なお国際アムネスティは死刑廃止を主張するも、凶悪犯罪者を庇い立てをしていません。

日本キリスト教婦人矯風会の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1383.html
光市母子殺害事件の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/866.html
児童ポルノ法改正案の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/287.html

その3
表現規制問題の結果、安全保障をないがしろにする政党を持ち上げる動きが出ています!
これを阻止するためにも、表現規制問題を周知徹底する必要がございます!どんどん拡散願います!

日本キリスト教婦人矯風会の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1383.html
日本ユニセフ協会の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1064.html
表現規制問題の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1275.html
表現規制問題のしくみ
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1365.html
表現規制問題の裏側
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1650.html
児童ポルノ関連法案の周知活動
http://defferentiatejapan.blog115.fc2.com/blog-entry-598.html#comment7819

その4


■はじめに



【痴漢冤罪】でっちあげ女に天罰を(沖田国賠訴訟)1/2

【痴漢冤罪】でっちあげ女に天罰を(沖田国賠訴訟)2/2

昨今の日本は景気悪化のあまり、若者が海外脱出をしています。
以前はこういう優秀な頭脳は、どんどん霞が関に就いていましたが、今や海外へシフトしています。
優秀な頭脳が足を地につけ根を張ってこそ、富国がなされるというものです。富国はすなわち国益や安全保障堅持に欠かせないことです。
そんな優秀な頭脳が海外に逃げ出してしまえば、当然国力低下を招き安全保障を脅かす重大な問題に発展します。

ダルビッシュ有氏は、日本のプロ野球の現状について「モチベーションを保つのが難しい」とファンの前で心情を明かしました。
メジャー挑戦を決めた理由を「すごい勝負がしたかった」と説明したダルビッシュ。
最近では、プロ各球団の打者が「投げないでよ」などと言われたとし、「ダルビッシュを倒したいという気持ちはないのか、フェアな対戦をしていないんじゃないかという気持ちがあった。野球をやる上でモチベーションを保つのが難しかった」と述べた。

「最近では、プロ各球団の打者が「投げないでよ」などと言われた」
↑これはプロ野球選手として以前にファイターとしての本分を放棄する発言をダルビッシュ氏にぶつけた言葉です。
「ダルビッシュを倒したいという気持ちはないのか、フェアな対戦をしていないんじゃないかという気持ちがあった。」
↑プライドがあるファイターなら誰しもが持ち合わせている、普遍的な思考です。
せっかく日本でがんばっているアスリートに対して真っ向勝負を放棄する態度は、やる気を削ぐに十分過ぎるばかりか、そのアスリートに対して失礼過ぎます。

こういう問題は何もダルビッシュ氏に限ったことではありません。いろいろな業種などで優秀な頭脳に対して、日本でやるモチベーションを削ぐ事態がいろいろなところで起きています。
中川昭一辞任の裏側麻生太郎潰しの正体をご覧になればおわかりくださると存じますが、せっかく国益を考えるために地位はおろか命の犠牲をもいとわないことをしてくださっている方々に対して、昨今の日本社会は非礼を重ねています。このことが優秀な頭脳にとって仕事がしづらく感じさせ、結果海外脱出に追い込んでいます。
森喜朗氏が現職首相当時「 神の国発言 」をしてマスコミからバッシングされましたが、このことで小林よしのり氏が連載しているコラム漫画において、「こういうことが優秀な政治家の淘汰を促し、官僚答弁しかできない政治家の輩出を促す。」旨怒りのコメントを発表しました。
また田中美絵子の真実をご覧になればおわかりくださると存じますが、イタリアの元政治家・チョチョリーナ氏や三木武吉氏のような奇抜な人物の存在こそ、世の中に多大なる貢献をしてくださるのですが、昨今はクレーマーによってそういう人物が日本社会で淘汰に追い込まれています。

これはダルビッシュ氏の記者会見から13年前の事件です。
この事件は日本社会がクレーマーの脅威にさらされていることを如実に証明できる、極めて重大な事件です。
当ページは、クレーマーの暴走のなれの果てとクレーマーによって安全保障を脅かす実態を掘り起こします。

■参考リンク


■「勝手主義」の時代に対する星野仙一の苦言

日本は「勝手主義」の時代になった
2007/09/14 星野仙一

民意、民意というけれど、今の日本の「民意」というのはメディア、特にテレビが作っているものじゃあないのか。10年ちょっと前に民放の報道局長が「政局はわれわれテレビ局の人間が作っている」というような発言をしてクビになったことがあるけれど、テレビが繰り返して流すものによって無定見な大衆が誘動されるという今の時代。民意というものはなんなのかと、いつもそう思ってテレビのニュースを見ている。

民意というなら訊いてもらいたいと思う。なにひとつ落ち度や欠点のない精廉潔白な人に大臣や首相をやってもらえばいいのか。それとも多少の失敗やキズ、弱点があってもきちんと結果を出してくれるような有能な人、職責に身命を賭けて努力してくれる人がいいのか。普通の大人なら、政治家にだって精廉潔白な人なんて滅多にいないことを知っている。誰しも一個の人生を築いて、それなりの力を発揮するところまで行く過程の中でなんの波風もない、ひとつの過ちや落ち度も犯さないような人間なんて、まずひとりもいないことを、普通の大人なら知っている。出てくれば自分たちで持ち上げて、押し出しておきながら、すぐにマイナス面、うまくいっていない面ばかり強調して、叩いて潰していくという最近の政界人事の繰り返しに、大きな失望感を味わっている。

若い安倍総理もあれだけ期待され、国民にも支持されながら、1年足らずのうちに、今度は決断力がないとか、人を見る目がないとか坊ちゃん気質だとか、ひとりで全責任を負った上バカ者扱いをされて、あっという間にボロボロになって辞めさせられていく。自分から辞めたという形ではあるけれど、心身ともに余程追いつめられていたのだろう。タイミングが悪い、無責任だというが、本人は命懸けでやっていただろうと思う。この間まで日本人の「武士道」や日本人の「品格」についての本がベストセラーになって、多少は武士の情けや人間の品位を問い直す風潮が出てくるのかなと、淡い期待ながらそんな思いでいたのだが、寄ってたかって魔女狩りみたいな、弱い者いじめの世界ばかり見せられている。
「出る杭は打たれる」は昔のことで、今は「出る杭は抜かれる」時代だ。倒れた者になおのしかかって、パンチを浴びせ、ひねりワザまでかけるようなマスコミの報道の偏りに、世間の態度に、わたしもテレビに出ている人間だが胸くそが悪くてたまらない。
正体がすぐに揺れ動く、すぐに風向きが変わる民意とやらを、テレビが一斉に拡大し強調して、そうして世の中が動いていくのだとすると、日本は「勝手主義」の時代になったとしかいうほかない。

■なぜ沖田事件を掘り起こすの?

いい質問ですね。これは今の日本において治安維持法的性質のある法律が通った時、いの一番に脅威になるのはクレーマーです。
児童ポルノ法改正案人権擁護法案著作権法改正案青少年有害社会環境対策基本法といった捜査当局にとって恣意的運用の余地がありすぎるゆえ、治安維持法的性質が強い法律案が通った場合、クレーマーの主張を鵜呑みにした捜査当局がそのまま刑事告訴してしまい、結果沖田氏のように冤罪者になる危険性があることから、
これを見たダルビッシュ氏のような優秀な頭脳の流出や、グローバル企業にクレーマーの脅威で実害が出ることを恐れて、店じまいに追い込まれたり、最悪は倒産に追い込まれたりするため、経済活動に甚大なる障害が発生してしまいます。
特に金融機関が治安維持法的性質のある法律案の被害に遭った場合、預金者のパニックを誘発させ、取り付け騒ぎを引き起こしてしまい、日本発の世界恐慌に発展してしまいます。
それは豊川信用金庫事件が社会不安の背景に、デマが原因で取り付け騒ぎが発生しました。クレーマーの脅威で常に社会不安が長期化しますと、デマがとびかい、その矛先が金融機関に向かったら取り付け騒ぎが発生してしまいます。
そうでなくてもクレーマーによる治安維持法的性質のある法律案の悪用三昧で、日本の主要なライフラインの破壊をもたらすことから、安全保障上極めて危険なことです。
もしもあなたが漫画・児童ポルノ法に単純所持処罰化が加えられるとどうなるかに登場する人物の立場に立ったら、どうなるでしょうか?もはやあなたは二度と社会の表舞台に立てなくなる危険性があります。沖田事件のように、クレーマーのせいで冤罪逮捕となったら、日本は二度とビジネスのできない国に成り果て、韓国のように経済植民地にされてしまいます。

■当サイトに掲載して大丈夫?

まあ確かにこの事件そのものは民事裁判としては沖田氏側の主張が全面的に受け入れられませんでしたが、被害を訴えた女性と当時通話していた男性が、女性が痴漢に対して「何やってんのよ」と怒鳴ったとの証言を否定し「沖田さんが携帯使用を注意する声しか聞こえなかった」と証言があるなど、「被害者」となっている女性の証言に矛盾があり、結果沖田氏の主張に説得性が強いため、ページ新設するための問題点がないことから、掲載いたします。
つまり状況証拠としては、沖田氏の主張が事実上勝っていることから、当サイトとしての信頼を傷つけるだけの問題点はないということで、ご了承願います。

■事件概要

【参考リンク】 事件概要 (「 沖田事件国家賠償訴訟 」)
沖田光男氏は1999年9月2日夜、JR中央線下り快速電車で帰宅途中、携帯電話で話していた当時20歳の大学生であった女性に注意しました。
女性は「わかったわよ」と言い放って携帯を切りました。事実はたったこれだけのことなのに、約10分後沖田氏が自宅最寄り駅の国立駅を下車し南口のロータリーを自宅に向かって歩いていたところ、密かに尾行していた女性が駅前の交番で「この人痴漢です。」という虚偽を鵜呑みにした警察官によって「痴漢の現行犯」だとして逮捕されました。
沖田氏は検察官によって勾留を請求され、21日間も身柄を拘束され、手錠、腰縄という人生最大の屈辱を受け、「自白」を強要される続ける、社会的信用を傷つけられるなど、大変な損害を被りました。事件は不起訴を勝ち取って終結しましたが、受けた損害は誰からも償われず、謝罪も未だに一切ないとのことです。

■ここから見えるクレーマーの脅威

沖田氏から電車内での携帯電話使用に関して苦言を呈された、という至極まっとうな理由をもって腹いせの末、誣告するという世にも恐ろしい事態が起きたということです。
そうなれば今の日本は教師が生徒を、上司が部下を注意しただけで、児童ポルノ法改正案を悪用されて冤罪逮捕に追い込まれたり、近所迷惑をした隣人に注意をしただけで人権擁護法案を悪用されて社会的に抹殺されたり、非行行為をやめない社員を懲戒解雇しただけで著作権法改正案を悪用されて倒産に追い込まれたり、橋下徹氏が自らと意を異にしていることを理由に青少年有害社会環境対策基本法を流用されるというリスクを抱えてしまっているという状況証拠といえます。
「冤罪なんてのは証拠を日ごろから揃えておけば幾らでも晴らせて寧ろ名誉毀損で逆襲できる。」という御仁がいらっしゃいますが、冤罪者としての時間は「 ロスタイム 」になるばかりか、その間の社会的信頼失墜によってもしも冤罪者になっていなかったら失われなかったことが失われてしまうのです。そうなったら救護を求められても、救護するだけのスキルを身に付けた方の身分が脅かされることから、救護ができなくなります。
事実中国においては 救急患者に対して親切にすると損害賠償を求められるという恐ろしい風潮が蔓延していることから 、「見て見ぬふり」がそれに比例して蔓延してしまい、 結果助かるはずの命が助からなくなるという救急患者の命が脅かされています。
そうなったら誰がそんなおっかないところに残ろうというモチベーションを維持できようか?それはダルビッシュ氏が記者会見で回答しました。

人間誰しもが精廉潔白というわけがなく、何らかの傷を負いながら成長しているものです。(別項「「勝手主義」の時代に対する星野仙一の苦言」参照。)中には暴走族の総長の経歴を持つも、その後立派に更生した性格俳優がいるほどです。(例・ 宇梶剛士
安倍晋三氏が現役首相時代、首相就任前と行動が違ったことから「変節した!」とバッシングされましたが、なら自分がその立場に立ったらはたしてそれができるのか?自問してから責め立てるべきでしょう。

さらに今の日本は沖田事件のようにクレーマーの脅威に晒されていることから、漫画・児童ポルノ法に単純所持処罰化が加えられるとどうなるかのようなケースが多発する危険性があります。
そのように、グローバル市場からみなされたら、日本に投資してくれる投資家を失い、日本は二度と富国が出来なくなります。

「夢を抱けず、魅力がない職業には優秀な人材はこない。被害を受けるのは大切な子供たちであることを親たちはあらためて認識すべきではないだろうか。」
つまり「夢を抱けず、魅力がない国や地域には優秀な人材はこない。」のです。
この状況の是正をダルビッシュ氏は日本のプロ野球業界に求めて、現状を話したうえ苦言を呈したといえます。

■富国は安全保障の柱

「教員の飲む、打つ、買うが、胃カメラを飲む、点滴を打つ、求人雑誌を買う、に変わるだけでは教育現場の未来は暗い。」
↑このような現状では到底優秀な頭脳が日本に定着するのは、極めて困難であるといえます。

明治政府が西洋の列強に対抗するために、近代化を急いだのはご存じだと思います。そのうちの 殖産興業 は富国強兵の「富国」の一環として行われたものです。
こういう近代化、つまり重工業化を急いだのは、列強が蒸気機関車や電子機器などを用いて、近代的な国造りをしていることから、それに打ち勝つには近代化・重工業化以外選択肢がなかったからです。
明治政府が官民一体となって重工業化を急いだ結果財閥形成がなされ、その財閥が戦後 財閥解体 が行われるまでの日本を支えてきました。

裏を返せば頭脳流出を看過し、結果富国が阻害されれば安全保障上致命傷を負うことになるのです。
したがって若者に日本に定着させるだけのモチベーション維持は、安全保障上極めて大切なことです。
保守が表現規制問題に冷酷な態度を示せば、若者の保守離反を招き、最悪は「 俺ら東京さ行ぐだ 」の心境に追い込み、「日本にいてもしょうがない」という心境に追い込まれるでしょう。結果国難に陥ります。
ダルビッシュ氏の日本脱出は、それが形となって著れたものです。

さらに昨今は日本に限らずグローバリゼーションの流れができています。そうなりますと経済面における安全保障堅持も大きなテーマとなります。
もし国民に不利益な条約締結や法律制定の動きが出た時、その事実を国民に知らせないまま進行してしまったら、どうなるか?
特に人権擁護法案のように外国人でも日本の行政権を握る事ができる法律ができた場合、安全保障上致命傷を負うことになります。
こういう状態を見たら、敵対国には「日本を侵略しても問題なし。」、ハゲタカにとっては「日本企業を乗っ取り次第、犯罪組織に売っ払って金に替えてしまえ!」、行政関係者から「どうせ国民は我々のことを監視していない。」というメッセージにもなります。
そうなった場合、敵対国やハゲタカ、悪徳行政官によって日本の国益を破壊されてしまい、国力低下を招いてしまいます。
現にアメリカは国民皆保険制度が無いことから、まともに医療を受けられない状態にある者さえいるほどです。これは基本的人権の侵害ともいえます。
言葉を変えたら、もし今の日本で「知る権利」が崩壊したら、特定の富裕層だけが笑って、一般の国民が北朝鮮のような生活を余儀なくされるという常軌を逸した社会になってしまうことをも意味します。これは「幸福権」の空洞化をも意味します。

■アニメの存在は日本の富国の大黒柱

一見「表現規制問題でどうしてここまで騒ぐのか?」と思われますが、それには上記リンクが示す通り「そういう見えないカネ、義務ではないが常識としてかけるべきカネというものが、それなりの立場の奴にはあるのだ。」というコメント通り、「見えない価値」があり、それを行政の過干渉で淘汰させられることを危惧しているからです。
表現規制問題は日本からアニメを奪う行為です。結果日本のアドバンテージ低下をもたらしてしまい、国益に甚大なる打撃となります。アニメの存在こそ「富国」の大黒柱です。それが失われたら安全保障上大問題です。

■日本での商売を嫌がる外国企業

昨今の日本はクレーマーの脅威にさらされています。上記リンクをご覧になればおわかりくださると思いますが、国際的に見て常軌を逸したクレームの多発を嫌って日本との商売を嫌がる海外メーカーが出ています。このことが日本での「買い負け」を引き起こしています。
日本のクレーマーが安く買いたたくことから、それを嫌って高く売れてかつさほど高くない品質要求でよいというところに流れ込んでしまっていることから、魚市場での高値が日本の事情を無視して進行してしまっているのです。

■あとがき

福澤諭吉の名言に以下の言葉があります。
天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。
されど人の世は賢き人あり、おろかな人あり、貧しき人あり、富めるもあり。
人は生まれながらにして貴賎貧富の別なし。
ただ学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、無学なる者は貧乏となり下人となるなり。

要するに「機会は平等に競争は公平に」ということです。無学なる者はそれなりの地位にとどまればいいのですが、昨今はお上りさんが量産されていることから、それに見合わないままいたずらに地位が与えられていることから、日本社会で優秀な頭脳が海外脱出を引き起こしています。
かの トーマス・エジソン は決して学業が満足していたわけではないのですが、元々好奇心が旺盛だったことがあってこれが「発明王」の名をほしいままにしました。
また「ゲゲゲの鬼太郎」の 水木しげる 氏も自身も認める超マイペースぶりから朝寝坊してゆっくり朝食をとり、たいてい2時間目くらいの時間から登校するという変わった生徒でしたが、妖怪を扱った作品により人気作家となりました

日本全体の閉塞感は日本人全般にゆとりがないことが原因です。当サイト有志はぜひゆとりをもったネット生活・私生活を送ってくだされば、それだけでも日本が正常になります。
世界平和のために何ができるかですって?家へ帰って、あなたの家族を愛しなさい。(マザー・テレサ)
王様であろうと、百姓であろうと、自己の家庭の平和を見いだす者が、いちばん幸福な人間である。(ゲーテ)
上記の名言はそのヒントになります。さらにダルビッシュ氏は移籍前のファンに向けての記者会見を通じて、日本社会全般に大きな宿題を与えました。それは再び日本が正常になって、ダルビッシュ氏が再び日本のマウンドを踏めるようにしたいという思いからです。
当ページがそれの引き金になれば、と切に願わずにはいられません。安全保障堅持のためにも。

■応援クリック

↓クレーマーの危険性を国民に広めたい方はクリック!

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-07-26 05:33:39 (Wed)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2134




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。