理論派保守step3-1

政治学 (New Liberal Arts Selection)
「七人の侍」の政治学
第1部 統治の正統性―政治の課題とは何か 政策の対立軸
政治と経済 ほか
第2部 統治の効率―代理人の設計 議会
執政部 ほか
第3部 統治のプロセス―代理人の活動 政策過程
対外政策の形成 ほか
第4部 統治のモニタリング―何がデモクラシーを支えるか デモクラシー―理想と現実
投票行動 ほか)

上は現在の代表的な政治学の教科書だが、以下のとおり二つの重大な問題点がある。
(1) 西洋の政治思想について J-J.ルソーの思想を隠れた機軸とし、バークやハイエクの思想を故意に隠蔽し(バークの思想)、または「古い世代」などと婉曲的に否定(ハイエクの思想)していること。
(2) 日本の政治思想について 「国民主権を貫徹するために天皇制を打倒」することを最大の目標としていた“日本を代表する政治学者”丸山眞男の思想を実は基調としていること(著作者は丸山の弟子筋ばかり)。
これらの問題点を正確に認識し、打破するために以下を読破することを提案する。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-08-21 08:51:59 (Mon)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2138




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。